ムツゴトブログ

女性向け風俗とオンナの人が気持ちよくなれること

カオルです。
「オンナの人が気持ちよくなれること」というテーマに対して、かれこれ10年以上も取り組んできました。
これまでの僕の経験に基づくと、女性がセックスで気持ちよくなるためには、次の3つの条件が揃う必要があると考えています。

①男性が女性に合わせた愛撫を行うこと(ウェイト30%)
②女性が男性に対して心を開いてくれること(ウェイト50%)
③女性と男性が相互に信頼できていること(ウェイト20%)

僕も含めた男性が、セックスのテクニックがどうだと自慢したとしても、所詮は(①ウェイト30%)にすぎないのです。セックスはごまかしが利かないデリケートな領域で、女性が本当に身体と心を開いてくれないとオーガズムを得ることは出来ません。

これは女性向け風俗店で実際に多くの女性と接していると、突きつけられてしまう現実です。だから、僕はいつのころからか、残りの70%を意識するようになりました。

プロでもなかなかイクことが出来ない女性は多い

以下は、僕が担当させて頂いたお客様から頂いたメッセージです。
この女性のお客様がご指摘されているように、男性が女性に気遣って愛撫したとしても、それだけでオーガズムが得られる訳ではないです。

ムツゴトのホームページのトップタイトルをご覧ください。このように書いています。

「なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は男性側にほとんどの原因があるのです。」

ここで僕が「すべて原因がある・・」と書いていないのは、男性が女性に合わせた愛撫をしても、イキにくい女性がいるからです。気持ちよくなれる身体を持っているのに、心がブレーキをかけてしまっているのです。そのブレーキの種類は女性によって様々です。

例えば、トラウマがあったり、男性不信、過去のセックスで痛かったことしか無いなど、その女性固有の問題があります。8割くらいの女性は何かしら抱えてしまっているので、結果として多くの女性はセックスで気持ちなれないと悩んでしまうことになります。
「②女性は男性に対して心を開いてくれること(ウェイト50%)」について、具体的にどうすればいいのか。カオルが日々取り組んでいることについて詳しくご説明します。

こういったテーマは抽象的でファンタジーな表現にしてしまうと、結局のところ何をすればいいのかぼやけてしまう危険性があります。カオル自身が女性用☆俗店でリアルに、日々実践していることを具体的に解説して行きます。

女性のオーガズムについて、もっと深く考えてみたいと思われる方は、ぜひ読んで頂けると嬉しいです。続きはnoteをご覧ください。

■20代 女性のお客様から
こんにちは。先日サービスを利用させていただいた者です。先日のサービスを受けてから考えていたことに今回のブログの内容に繋がる部分があると感じたので、感想として書かせていただきたいと思います。(長くなってしまい申し訳ありません)

「セックスで気持ちよくなるには、お互いの信頼関係、心を開くことが必要」とありましたが、先日のサービスでそのことを実感しました。
私は、今までセックスで気持ちいいと思ったことがあまりないです。先日も、担当してくださったカオルさんには本当に申し訳ありませんが、正直なところ、私はあまり気持ちよさを感じることができませんでした。(たくさん触れてもらって嬉しい気持ちはもちろんありましたが…) そしてその原因が、自分が、カオルさんや今までの相手の方に心を開くことが出来なかったからではないかと思っています。

心を開けない、というのは、相手の男性に対する不信感からくるものではありません。どちらかといえば、相手の男性に対する遠慮(~しないと申し訳ないという気持ち)や、本当の自分を知られることに対する恐怖心(こんな姿を見られると嫌な思いをさせる、嫌われるんじゃないかという気持ち)からきていると思います。

無意識のうちに壁を作ってしまっていて、抱き合っているはずなのに、なぜか距離が空いているように感じる時がありました。
こんなにたくさん優しくしてもらっているのに、どうして自分はその優しさを素直に受け取れないんだろう?疑ってしまうんだろう?
と、自分に嫌気がさしてしまいました。

この壁を壊してしまいたい、できれば一緒に壊してほしい…そんな風に思います。「心を開く」って、どうしたらできるんでしょうか…

この先は、以下有料ブログnoteをご覧ください。
「なぜイクことができない女性がいるのか?」への回答
【noteご購読はこちらをクリックして下さい】

※関連記事
女性のリアルオーガズムはこんな感じ

どうしたらイケるのか?女性の約3割は「オーガズム」経験無し

オンナに生まれてこんな世界を知らずに終わるのは残念

uservoice

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】