ムツゴトブログ

①女性向け風俗ブログをご覧頂いた感想とコメント

カオルです。有料ブログ(note)を多数の方に購読いただいてありがとうございます。いろいろと頂戴したご感想の中で、「カオルは、なぜこのビジネスを始めようと思ったのか」に対して頂いたメッセージをご紹介したいと思います。
僕の言葉が足りなかったり、詳しい説明が抜けているところも、よく見ていただいているなと思います。ムツゴトのホームページではいろいろ書いているけど、言っていることの本質を僕自身がまだ理解していないのではないかという気がしました。なお掲載については、ご本人の承諾を頂いております。

50代の女性の方のメッセージ

noteの「カオルはなぜこのビジネスを始めたのか」を読ませていただきました。
カオルさんは、やっぱりすごくまじめな方なんですね。「ムツゴト」のホームページやブログを拝見していて、「どうしてここまで女性の性について追究されているんだろう」と不思議に思っていたのですが、その理由がよくわかりました。

「本当は中イキはどうでもいい」と書かれていたのを読んで、ちょっと安心しました。HPのブログだけでは、「中イキ、オーガズム」の経験をすることをとても重視されているように思ってしまって、抵抗を感じていました。ムツゴトのブログで、「中イキに種類があること」などを初めて知りました!女性はこういう事はあまり知らない人が多いと思います。

確かに日本の社会は女性性を強く否定していますよね。男性側の女性に対する決めつけはとても強いと思います。今になってみれば、私ももっと相手に上手に言ったりお願いすればよかったかな、と思うのですが、当時は本当にどうして良いかわからなかったです。今は時代が変わってきていると思いますし、「ムツゴト」の存在はきっと日本の女性と男性の温度差を解消してくれるような気がします。ぜひ男性にもムツゴトの存在を知って欲しいと思います(宣伝はできませんが)。

カオルのコメント
まず最初に断っておきたいのですが、僕自身はすごくフェミニストであったり、人並み外れた博愛精神を持っている高潔な人物ではないです。確かに人より多少女性経験人数は多いですが、それ以外はごく普通の男性です。だから女性を過度に美化して、評論家的に大上段に男性を批判するつもりは一切無いです。僕も男性なのですから、それをやってしまうことは自己欺瞞でしょう。ただ正直でありたいとは思っています。しばらくこの仕事をやってゆきたいと思っているので、お客様(=女性の方)に誠実である必要があります。そうでないと長く続けることは出来ないですから。。。(note)にも書きましたが、リスク管理上の観点からムツゴトの男性スタッフを増やすつもりは一切無いです。本業を辞めるつもりもないので、僕たちスタッフ二人がムツゴトに割ける時間(空いてる時間)には上限があるから、売上げを無制限に増やすことは出来ません。したがって、無理な営業をするよりも「多くの女性の方に新しい世界があることを気づいてもらう」「出会った女性がよりよい状態になる」「僕達にとっても喜んでもらうこと励みになる」「出会いによって僕たちの見識も広がる」などを重視います。

次に中イキにも種類があることについてですけど、確かに公式ホームページのブログでは「中イキいいね」みたいなトーンで書いています。これには二つ理由があります。ひとつは最初の頃は主に宣伝のためにブログを書いていたので、キャッチなコピーとして「イクこと」にテーマを絞っていました。目的がわかりやすいですから。二つ目の理由は、一般の世の中の女性は余りにもオーガズムについて知らないので、いきなり本質的な話をしても通じないからです。巷の多くの書籍も「イク・イカナイ」=「イチ・ゼロ」みたいな議論がほとんどです。イケないということで悩む女性が増えてしまう理由はそこにあるのです。

あとそうですね、確かに日本はびっくりするほど「女性性」を否定している社会だと思います。偉そうなことを言っていますが、男性である僕もこのようなことを始めるまで一切気がついていませんでした。これは僕がすごいとか特別であることでは全くなくて、男性は女性の目線で性的なことを考えることが極めて難しいと言うことなのです。話すと長くなりますが、そうするためには男性は一旦自分の性欲を捨てないといけないからです。時代は徐々に変わっています。ただまだ早すぎて、僕が扱っているテーマが広く一般的に理解されるまでにはこれから数十年の歳月が必要だと思っています。

ブログnoteをご覧ください。
「カオルは、なぜこのビジネスを始めようと思ったのか」

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】