ムツゴトブログ

女性向け風俗は単なるきっかけに過ぎない事

セックスにおける男性の位置付け

セックスした後、お礼の言葉を時々いただくことがあります。(具体的にはお客様の声をご覧ください。)中でイケたのは初めてとか、痛くなくてセックスで初めて感じることが出来たとか・・・・。(ただし常に上手く行く訳ではありません。女性の体調、メンタルな要素は常に変化するし、僕が掴みきれない事も多いですから)それはそれでうれしいのですが、自分では勘違いしないようにしています。

どうしてかというと、
「その女性は、僕がセックスが上手だから喜んでくれているんではなくて、自分の身体がここまで気持ち良くなれるんだと言うことに驚き、感動しているからなのです」

女性が気持ちいいセックスをするためのキーワードが、ここにあると思います。

すなわち、男性は女性の快感を引き出すキッカケにしかすぎないと言うことです。例えば宝物が入った魔法の箱みたいなものを想像してみてください。男性は鍵なのです。僕は多くの箱を開けたかもしれないですが。鍵自体に価値はないのです。宝物は箱の中に存在するのです。
実は、恋愛感情も宝物を引き出すために必要ではないのです。好きな人とセックスしないと気持ち良くなれないと言うわけではないと僕は思います。

女性用風俗という仕事で多くの女性と接するにつれて、僕はこのことを強く感じています。

僕は男性のセックスに関する意識を3段階のレベルに分類している
①男性自身の性欲を満たしたい
②女性を気持ち良くさせたい、イかせたい
③女性に気持ち良くなってほしい

こちらをご覧頂きたいのですが、①と②は同じなのです。女性をイかせたいということは、結局のところ男性の自己満足を満たすものでしかありません。だから僕は「女性を必ずイかせるなんとか法」というテクニック群は男性のオナニーの一形態にすぎないと考えています。男性が①、②を超えられないといつまで経っても女性は「イった振り」をするしかなくなってしまうのです。
③は僕がたどり着いた境地だと思っている(ちょっと大げさに言うと・・・)そのためには男性は自分の性欲を捨てなくてはならないし、女性の反応にすべての神経を集中する必要があるのです。

このブログでは、これから僕がどのように考えていて、具体的にどうしているのかお話ししてゆきたいと思います。

goyoyaku

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

uservoice