ムツゴトブログ

日本女性における、性欲に対する世代間の意識格差について考えてみました

カオルです。僕がこの仕事をやっていて判ったのは、「あきらかに女性の方は性欲が強い」ということです。
おそらく女性は子供を産む機能があるから、出産に関連する性的エネルギーは膨大であって、それは生理のリズムに合わせて周期的に変化してゆくのだと思います。
それなのに、世の中の常識として「女性は性欲はないだろう」と言う先入観があります。僕も昔はそう思っていました。あくまでも男性の性欲に対して女性は受動的である”べき”ものだと・・・。
強いことが自然である性欲を、押さえ込まなくてはならないことに、女性の悩みの根本があるのではないかと僕は感じています。

ものの本によると、江戸時代以前、日本は性におおらかであったそうです。明治維新の頃、性に関して特に厳格であったヴィクトリア朝時代のヨーロッパの文化が入ってきて、一夫一婦が制度として認められるようになりました。この頃から「姦通罪」に代表されるように、女性の性に対して厳しい制約が課されるようになったのです。教育の影響もあるのですが、多くの女性はこのような頸木(くびき)から逃れられていないのでしょうか。

goyoyaku

ムツゴトに寄せられたメッセージから見る世代の違い

僕のブログに対して、ご覧頂いた女性の方からいろいろな感想を頂いています。全体的な印象なのですが、年代によって内容に大きな傾向があると感じています。
※あくまでもカオルの個人的な印象であることをご留意ください。

20代の女性の方は、自分に性欲があることをストレートに認めているメッセージが多いです。もちろん普段の生活で公言はされていないでしょうが…。セックスに対しても前向きで、もっと気持ちよくなってみたい、自分の身体をもっとよく知りたいと積極的なようです。
大学生の女性から「アルバイトでお金を貯めたら利用したい」とのメッセージを頂いたこともありました。全体的に見てメリットがあれば性的サービスに対して、お金を払うことにも抵抗は無いようです。

30代の女性は、女性の性に関する世の中の常識に対して、漠然とした違和感を感じているといご意見が多いです。ただ友人や周りとそのような悩みを会話をする「場」もないので、仕方なくご自身の心の中に押し込めているようです。セックスレス、男性本位な性生活に対する不満など、僕とお会いして初めて他人に話したとおっしゃっていただくことが多いです。

40代以上の女性からのメッセージは、性に対して保守的なものが多いです。女性は身体よりも、精神的な繋がりの方が大切なのだ・・・というご意見が見受けられます。ご自身の性欲に対しては消極的か、あるいは無いものとして押し込めている女性もいました。性的サービスに対しては、「料金が高い・・」「お金を払ってまで・・」というメッセージが多いです。

これらの事柄は、個々人の女性の方がどうかというのでは無く、時代・世代の意識が色濃く反映されているのだろうと僕は思っています。
結局のところ僕たちは時代に縛られている存在なのです。
表面的には見えないのかもしれませんが、明らかにセックスに対してオープンな方向に世の中は向かっているのです。

goyoyaku

以下、ムツゴトブログに頂いたメッセージをご紹介しますね。

20代女性
処女で悩んでいて、毎日泣きそうです。焦ることなんてないとよく言われますが、周りの子は飲み会になると彼氏とのそういう話ばかりで…辛いです。ムツゴトのサービスを利用したいですがそんな勇気もありません。20代前半の女子が性欲がないわけないです… いつか利用してみようと思いました。

30代女性
嬉しいです。私も心と身体は別だと感じていましたが、色々読んでも、女性は心と身体が一致しないと出来ないと書いてあるものを目にすることが、多く、その度、そんなことないのに…と心では思っていましたが、世間では理解してもらえないのかなと、思っていました。そうでなければいけないのかと、心での制圧を感じていました。
男性は心と身体は別物と、まるで、当たり前のように、風俗遊びを容認して当然という風潮の中、女性が遊ぶと、男性は、そんな女ダメとか言います。でも私からすると、男性の心と身体は別物というのは、女性も当てはまるのではないか、そして、女性も風俗を利用するのは女でも、当然と言える時代がくるといいなと思います。
このブログから女性もこういうものですよと、発信して下さることがとても嬉しく、扉が開かれた思いです。ありがとうございました。

50代女性
拝読させて頂きました。多分、殆どの女性が知らない女性の身体の蠢きを、そこまで熟知し得る経験値と観察力に言葉がありません。文章を読んでいても、無駄がなく理路整然としていて、でも優しくて爽やか。おそらく、お人柄も同様なのではと思います。
つきなみになりますが、凄い、でも怖くも感じました。( 悪い意味ではありません。)
初めて知ることばかりで、驚きの連続でした。私もイクということ( 現象? )を知らないのですが、やはり自分の身体に問題があるのだと思っていました。AVも見たことがないので、フリすらしたこともありません。男性が丁寧に前戯をおこなうことが大事であると書かれてますが、男性と女性とではどうしても気持ち的なズレがあるので、何時間も前戯をおこなうのは余程でない限り難しい気がします。
女性の多くは、肉体的な繋がりよりも精神的な繋がりを求め、それに安堵します。 SEXよりもキスの方が好き、感じると思う女性は多いと思います。あまり好きではない相手とSEXはできてもキスはできない、周りにもいます もしかしたら、男性でもそういう方はいらっしゃるかもしれません。 私は好きでもない人には、髪を触られるのも嫌です。私にとって髪は肌と同じですから。 それとは逆に、好きな人には何をされてもいい、受け入れなければと思うのも事実です。嫌われたくないから要求もできない、結果我慢をする、そんなスパイラルに陥ってしまうのです。どうしてでしょう、日本人気質のひとつなのかもしれません。 男性にしても、女性は男性に従属あるいは隷属するものだという考えが、無意識下にあるのかもしれません。

goyoyaku

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】