ムツゴトブログ

ヒカルです。

11月、肌寒い季節になってきましたね。

 

 

 

 

 

前回のブログにて芸術の秋について書かせていただきましたが、その後も隙間時間にて美術館巡りを継続し、有意義なヒトトキを
過ごすことができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日、お客様から1通のメールをいただきました。

僕について書いてくださったとのことです。

うーん、なるほどと思える箇所もありますが、自分以外の人からはこのように思われているのか・・・と
少し自身を客観的に見る良い機会になりました。

※以下、本人の了承をいただいておりますので、添付致します。

 

悪い男(ひと)

 

決して意地悪かつ人を陥れるという意味でない
人の心をくすぐる程度の悪い男(ひと)
こういう男(ひと)は魅力的だ
私はそう思う

そして いい意味で嘘つきだ
もちろん誰かに対してではない
いつも自分のことを控えめにいう程度の
可愛らしい嘘
そしてバレバレの嘘
きっとばれているだろうなぁと思って言っている
確信犯である
あれ? こういう部分経験している
どこだろう!?

あぁ 息子を育てている時だ!
子供は幼い頃 多少なり小さな嘘をつく
意識・無意識的に
親の対応を見ているのだ
そんな時の感覚に陥る
この可愛らしい嘘は女の子にはあまり見られない
戦略的だからだ もちろんいい意味で

そのまま大きくなったり
元々の性格もあるのだろうけど
大人になると少年らしさになるのではないかと
勝手に思っている
そんな悪い男(ひと)がいる

「あなたって悪い男(ひと)ね」と言うと
「嬉しいな そう言われるの」と答える
とても言われ慣れている(笑)
とても余裕のある悪い男(ひと)

サービス精神が旺盛で万人に好かれる
当然のことなんだけれども
捻くれた私は何処か悪いところはないかと探してしまう
でも悪い男(ひと)は決して見せない
隠すのも上手なんだろうと勝手に思っている

あぁ 見つけてみたいものです
もっと悪い男(ひと)を見続けていきたい
そんな悪い欲望が出てきてしまった

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの周りに、悪い男(ひと)はいますか?
今度、そっと僕に教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】