ムツゴトブログ

男性向けと大きく違う女性向け風俗

前回のnoteでは、これを「風俗」と呼んでしまっていいのか?という話をしました。男性向けの場合は、単に「性欲を処理=射精」させればいいのだけど、女性の場合は性的欲求に加えて、メンタル面のケアも併せて必要になる場合があります。具体的に言えば、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、サービス提供側に求められるのでは無いかということです。

僕は女性向けの性的サービスというものは、サービスを表す適切に表す「呼び名」がまだ世の中に出現していないと考えています。したがって、需要(女性のニーズ)は確かにあるのだけれども、マーケットは顕在化されていないのです。

「婚活」というキーワードがあります。2007年11月「AERA」誌上で、初めてこの造語が世に出たのです。「婚活」という言葉が出現したことで、いわゆる婚活ブームが引き起こされ、結婚関連ビジネスは活況を呈してゆきました。自治体も少子化対策と関連して、支援に取り組むまでになっています。造語「婚活」が出来る以前は、なんとなく結婚相手を探している男女がいただけなのですが、いまでは未婚の男女が就職活動のように取り組むべきテーマとなってきています。

僕がこれまでやってきたことは、言葉で説明すると「男性のセックスにおける専門家が、心(メンタル)と身体(フィジカル)両面で、女性に対してセラピーすること」でしょうか。以下、詳しくお話しさせて頂きたいと思います。

・カオルが、女性向け風俗を始めようと思ったきっかけ
・女性はどんな性的な問題を抱えているのか。
・女性であることが抑圧されてしまう世の中と、男性の存在意義
・僕は女性の方にどのように接してきたのか
・ムツゴトを設立するに至った理由とは
・源氏物語と女性に対して僕が想っていること

ムツゴトはいわゆる風俗店です。それなのに、なぜ僕はメンタルなことをこんなにブログに書いているのか?過去を振り返ってみて、自分でも初めて理解できました。

ホームページをご覧になった女性の方から、「私は悩みは無いのだけど、利用してもいいのでしょうか?」と質問を受けることがあります。
もちろん、まったく問題は無いのですが、そう思わせてしまう原因は最初の始まりにあるようです・・・・・・

この先は、以下有料ブログnoteをご覧ください。
「カオルは、なぜこのビジネスを始めようと思ったのか」
【noteご購読はこちらをクリックして下さい】

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】