ムツゴトブログ

mutsugotoからのお知らせ

本日、女性向け風俗サービス「mutsugoto」のホームページをオープンしました。

「睦言 :mutsugoto」とは大和言葉で、打ち解けた男女の語らいのことを意味します。 
mutsugotoは、女性目線に立った風俗サービスのご提供を目指しています。セキュリティ管理を厳格にすることでお客様のプライバシーを保持。男性スタッフとホテルのカフェで会っていただく「カウンセリングセッション」を導入するなど、女性のお客様が安心してご利用頂けるよう配慮しています。

営業形態について

mutsugotoは、東京都公安局に対して「無店舗型性風俗特殊営業届」を提出しています。
サービスに風俗的な要素が含まれている場合、営業を行うためには警察に届けを提出する必要があります。手続きはかなり大変です。事務所を開設して家主さんに承諾書をもらう必要があったり、事務所所在地にも公的機関から一定の距離離れていなくてはならないなど、考慮すべき点が多々あるのです。受理されましたので、本日よりホームページを開設させて頂きたいと思います。

「女性向け風俗」という新たな試み

世の中に男性向け風俗はいっぱいあるけれど、女性向けはほとんどないですよね。

どうして女性向けの風俗は無いのか?
女性には必要ではないのか?
どんなサービスだったら女性の方も安心して利用できるのか?

mutsugotoは男性と同じく、女性にも性的サービスに対するニーズはあると考えています。
男性用風俗の場合は、どちらかというと性欲を処理する刺激的な場であったりするのではないしょうか?
女性向けのサービスはどうあるべきなのか、これから模索して行かなくてはならないですが、男性向けのサービスをそのまま持ってきてもダメなんじゃないかと思っています。

テーマは「安心」と「信頼」

まず「安心」については、もっとも大切なことだと思っています。
女性の方がこのようなサービスを利用されるのはかなり勇気が必要なことだと思います。
怖い思いをすることはないのか?
利用したことが知れ渡ったりしないのか?
嫌なことをされたりしないか?
初めての男性とお部屋で二人っきりになることを考えれば、注意してもしすぎるということはないと思います。ホームページの情報だけでは、このお店は本当に大丈夫なのか?という最終的な判断をくだすことは困難だと思います。したがってムツゴトでは、最初に実際の担当スタッフに会っていただくシステムを導入しました。ある程度広くて、落ち着いて話が出来る場所。ある程度プライバシーを保つことも出来るけど、オープンなスペース。そのような場所はどこかということで、シティホテルのカフェラウンジを想定しています。僅かな時間ではありますが、お話しいただければ男性スタッフのひととなりをお伝えできると思います。

次に大切なことは「信頼」です。

女性向け風俗mutsugotoのサービスは、男性向けの風俗サービスみたいにすぐに性欲を処理しようというものではありません。最初は「カフェセッション」で、男性スタッフと短い時間ですが話をして頂きます。次はお食事をすることで、お互いのことをもっと理解できることが出来ると思います。身体を重ね合わすまでに、ひとつずつ階段を踏みしめて進んで行きます。そして互いの「信頼」を積み重ねてゆけるようなサービスをイメージしています。
ぜひご期待してくださいね。

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】