ムツゴトブログ

男女はセックスを通じて相互理解を得ることができる

男女の間に横たわる越えがたい壁

身体を構造的に捉えてみると、「男女はまったく違う生き物である」と主張する学者がいるそうです。確かに、身体や心、ものの考え方や趣味思考という点でも、男性と女性ではまったく違いますね。

例えば、女性特有の結論の無いおしゃべりは、男性にとって理解不能です。「何を意図しているのか?」「結論は?」「前後の整合性がわからない・・」など、多くの男性は混乱しているのです。延々と脈絡のない話が続くことが苦痛になって、女性の話が上の空になると「私の話を聞いていない!」などと文句を言われることになります。しょうがないので、話を遮って助言やアドバイスしてみると、女性は「聞いてほしかっただけなのに」と、怒り出したりします。さっきまでは泣いたりしていたのに、ひとしきり同じ話を繰り返していたら、いきなりご機嫌がよくなったりします。結局のところ何も解決していないのにどうして??

一方、女性から見ると男性の行動も意味不明なものが多いです。
例えば、男性は趣味にこだわりを持っている人が少なくないです。でも夫がどんなに苦心して集めたミニカーやゴルフクラブも、妻にとっては場所ふさぎぐ粗大ごみにしか見えないでしょう。

mutsugotoのスタッフは、一般の男性に比べると女性と接する機会が多い方だととおもいます。女性心理について学んだことがあるメンバーもいますが、それでも女性の考えていることの一割もわからないという話をしています。「そんなふうに考えているんだ」と毎日が驚きの連続です。男性に「女心を理解しろ」と言っても実際には無理があるのだと思います。女性も同じように「男心」に首をかしげた経験があるのではないでしょうか?
いくら言葉を交わしても、男女がわかりあうことは不可能に近いのかもしれません。

セックスはコミュニケーション?

でも、男性と女性を結びつけることを可能とする、ただひとつのツールが存在します。それは「セックス」です。コミュニケーションは、何も「言葉」に限ったことではありません。昔読んだ本によると相手の印象は、リアクションや、視線、表情などの非言語的な要素で7割が決まるらしいです。セックスをすると、食事や会話以上に、相手のことがよくわかったという経験はありませんか?どういう人で、どのような考え方を持っているのか、言葉以上に、肌が接することで得られる情報は多いのです。

恋愛が先か?セックスが先か?

女性は「好きでもない人にすぐに身体を許すべきではない」「簡単にセックスしてはいけない」といった、厳しい一般常識にしばられています。

恋愛の更に先にセックスは位置づけるべきである。
好きな人とセックスすれば気持ちもいいはずだ。
逆に好きな彼なのにセックスが気持ちよくないのはおかしい。それは女性が変だ。
旦那さんや彼でもない人とセックスするのは悪いことだ、きっと後悔するに違いない。

これらの一般概念を逆にしてみたらどうでしょうか?セックスが先で恋愛は後に来るものと仮定します。
「気になった男性とはとりあえずセックスしてみて、肌があったらその後付き合いを深めてゆくようにしてみる。」セックスで、相手の男性のことはかなりよくわかるものです。表面上は優しそうでも、セックスになると女性が痛がるようなことをしたり、自分本位な男性は多いです。ほとんどの男性はセックスで、自分の性欲をただ相手の女性にぶつけているだけです。相手のことなどほとんど考えていません。
一言でいうとコミュニケーションギャップなのですが、本来は男性側が踏み込んで女性のことを理解すべきだと女性向け風俗mutsugotoは考えています。
セックスにおける男性の役目は、女性の言葉にならない声や、表情や態度から、それを読み取ることだと思います。どうされると気持ちよくて、どうされると嫌なのか?女性それぞれで異なるものだし、同じ女性でもその時の体調や気分でも微妙に変化します。そのようなやり取りさえうまくいけば、セックスは必ずすばらしいものになります。セックスが素晴らしいものとなっていれば、その結果として男女は惹かれあって行くのかもしれません。気持ちよいセックスをすると、身体と心が隅々まで通じ合い、ぴったりと一つに重なったような気にすらなります。
そのような逢瀬を積み重ねれば、だんだんと身体と心の波長が合ってきて愛情が定着化してくる。そのような状態を「恋愛」と呼べばいいのかもしれません。
セックスの既成概念を一度捨ててみませんか?そうすれば、セックスを通じて男女がより深いコミュニケーションがとれるようになると思います。

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】