ムツゴトブログ

女性向け風俗が考える。初体験の相手の男性は誰が最も適切なのか?

20代バージンの女性の本音

コンドームメーカーである相模ゴム工業株式会社が、日本全国14,100人を対象に行ったアンケートによると、20代女性の初体験相手の9.6%がネット経由との調査結果が出ているそうです。世間では「初体験は好きな男性に捧げるべきだ」と言われていますが、出来るだけ知り合いに悟られずに済ませたいという女性が結構多いのかもしれません。実際の20代処女の女性はどう思っているのでしょうか?僕がお会いした女性を例に考えてみたいと思います。

彼女たちからよく聞く話は「女子同士のトークには入れない」「セックスのことを既に知っているそぶりをしないといけない」「実は経験していないことが皆にバレたらどうしよう」ということです。

僕が札幌でお会いした大学2年のバージン女性です

クラスのお友達はほとんど経験しているが、自分だけがバージンなのでプレッシャーを感じていた。入学時最初の飲み会で、「経験済み」とウソをついてしまったため、以来引っ込みがつかなくなってしまった。彼はいるが同じクラスなので、彼とセックスすると「実はバージンだった」ということが、クラスの友人たちにばれてしまう。だから、誰も知らないところで済ませてしまいたいと思いました。見ず知らずの男性にお願いすることは、かなり勇気が必要だったけれど、それ以上に処女の悩みは強かったのです。

僕が彼女としてみるとオナニーもしたことがなく、クリトリスもほとんど皮に隠れて判らないくらいでした。入り口も狭く痛がってしまうので、かなり時間をかけて愛撫しました。

次は大阪の大学1年生の女性です。

初めてお会いした時のことです。バージンだと言うことは事前に聞いていたのですが、見た目がギャル系だったので、僕には処女であるようにはとても見えませんでした。

彼女の悩みは、いまさら経験したことがないと友人に言えないことでした。男の子の友達は多く、明け方までクラブに一緒に遊びに行ったり、グループで海外旅行したりしてそうでしたが、まだ経験したことはありませんでした。周りの男性は、チャラチャラしていて安心して初体験を任せる気にならなかったそうです。もっと大人の男性にセックスのことを教えてもらいたいと常々思っていたが、そのような機会もなかったそうです。遊んでいるように見られるので、まさかバージンであるとは誰も思っていなかったようでした。

彼女が僕にお願いするきっかけとなったのは、あるバイト仲間との友人との会話でした。その場にいない別の女の子の噂話をしていた時、その友人は「あの子って絶対処女だよね」と言ったそうです。その友人はまさか話している相手が、バージンであるとは全く思っていなかったのです。彼女は、これ以上知っているフリをするのも限界だと感じて、僕にお願いすることを決心したそうでした。

その他のバージンの方の事例は、お客様の声をご覧ください。

よろしかったら、以下有料ブログnoteをご覧ください。
バージンについて、僕が考えていること、経験したことをほとんどすべて書きました。ぜひ読んでくださいね。

「痛くない!!正しいバージンマニュアル 」
【noteご購読はこちらをクリックして下さい】

※関連記事

女性が越えなくてはならない「経験」というハードル
http://mutsugoto.jp/virgin-issue/lack-of-experience/

バージンコンプレックス
http://mutsugoto.jp/virgin-issue/virgin-issue/

処女についての時代的な背景
http://mutsugoto.jp/virgin-issue/background-about-virgin/

バージンの女性に伝えたい、もう一つの選択肢
http://mutsugoto.jp/virgin-issue/another-choices-of-virgin/

アラフォーバージン女子の憂鬱
http://mutsugoto.jp/virgin-issue/virgin-forties/

goyoyaku

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】