ムツゴトブログ

女性向け風俗に持ち込まれる、誰にも相談できない処女の悩み

40代で処女の女性について

高齢処女という言葉があるそうですが、以前僕は40代前半のバージン女性とお会いしていたことがあります。彼女と出会った時、こんなことをおっしゃっていました。

「私は独身、彼氏なしのいわゆる負け組み。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活なんです。自分に自信が持てなくて、いつも家庭に入っている女性に劣等感を感じています」でもその後、僕とセックスしたことで「憑き物が落ちたようにスッキリしました」「私もありのままでいいんですね」と、自分に自信が持てたようでした。彼女にとって、男性との経験は気持ちの上でも大きな変化に繋がっていったんだと思います。

初めてお会いした時、このようなメッセージを頂きました。

私は今まで男性経験がなく、なんとも説明しがたい心のわだかまり感がありました。これが無くなれば少しは変われるかもしれないと思いました。あと、割り切って考えたかったです。

最初お会いしたときの印象は、良い意味で、本当に普通。普通の会話から始まって、後は全てリードいただき不安感はありませんでした。あんなに優しく接してもらったのが初めてだったので、ほんとすごいなぁと思いました。お別れの際も、素に戻るとか未練たらしいとか空しい気持ちになるとか全然なく、非常に自然な感じのお別れでした。心が満たされていたからかなと思います。勝手がわからなかったのと、初対面の緊張や恥ずかしさがあいまって、顔がまともに見れなかったり希望を伝えきれなかったことだけが強いて言えば唯一の心残りです。

自己否定の固まりだだった自分を少し肯定できるようになった気分です。人に頼るのも時には必要ですね。

40代に差し掛かるまでバージンであることは、心の重石になっていたと思います。
初めて僕と出会ってから数日間はよくわからなかったけど、これまでいかに自分自身が大きな悩みを抱えていたのかということを改めて感じたそうです。この方は男性が多い職場で働いているらしいのですが、以前は性的な話題がでると嫌悪感を感じていたそうです。でも男性を経験してからは、軽く受け流せるようになっていて、自分でも驚いてしまったそうです。

何度かお会いした中で、ご自分がどう変わったかについていろいろと話をしてくれました。経験するまでは、男性は一切自分に必要ないと思っていたそうです。ただそれでも「女性としての自分に自信が持てず」、「消えてなくなってしまいたい」という脅迫概念にいつも駆られていたようです。

僕と出会ってから、様子もすっかり変わりました。最初は服を脱ぐことも恥ずかしくて、照明を真っ暗にしていたのですが、何度かお会いするうちにだんだん積極的になってきました。

昨日はお疲れ様でした(笑)。ありがとうございました。富士山見ながら清々しい気持ちで帰っています。なぜか腹筋がヘンですが。3回目にしてやっと人馴れしたのと、アルコールの力も手伝ってかベラベラ1人で喋ってしまいまして…。

沢山お話できて本当に楽しかったです。今回は少し短いお時間でしたが、充実した一時を過ごせました。時間の密度が濃かったという感じでしょうか。今もまだ満ち足りて良い気分です。
それに、今回は新たに一歩前進できた感じがあり、明るい気持ちになれました。ありがとうございます。お話しするお時間があまりなかったのだけ少し残念でしたが、次お会いする機会があればその時にでも宜しくお願いします。何回もお願いしてご迷惑だろうな…と思うのですが、あと少しで自分の中の目標地点にたどり着けそうな気がしています。それまで、もう少しお付き合い頂けたましたら幸いです。
では、深夜に長々と失礼致しました。お大事に。

新しい男性との出会い

彼女に最後にお会いしたのは、2ヶ月ほど前です。「もうお会いすることはないでしょう。本当にありがとうございました」と言われました。
気になっていた男性に告白されて付き合うことになったとのことでした。本当によかったと思うとともに、ちょっと寂しい気がしました。でも、大げさではなく彼女の人生が変わったんだなと思いました。僕がそのきっかけになれたのであればうれしいです。

このホームページをご覧頂いた方で、同じように悩まれている女性の方がいらっしゃいましたら、女性のための性サービスにぜひお問い合わせ下さい。全くあきらめることはないです。経験すること、それがいつなのかは個人的な事情です。これまで機会がなかっただけなんです。人はいつからでも経験を通じて、変われると思います。

その他の事例は、お客様の声をご覧ください。

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】