超入門!初めての女性向け風俗(第2回)

【超入門女性向け風俗第二夜】優良店の見分け方。ポイントはたった2つだけ

こんにちは。女性向け風俗ムツゴトのカオルです。

今日は女性向け風俗に興味はあるけど、どんな男性を選んだらいいかわからない、お店選びで失敗したくないという初心者の女性向けに、女性向け風俗店や男性の選び方について、3回シリーズでお話したいと思います。

2回目の今日は、優良店の見分け方についてお話します。

2020年現在、東京都内だけでも200店を超える女性向け風俗店があります。
男性向けは全国で3万店舗、吉原だけで200店といわれていますから、まだまだ少ないですが、それでも女性からすれば、どのお店を選んだらいいのかわからない、迷うというのが実際だと思います。

安心、安全に遊ぶために、お店選びはとても重要です。

優良店を見分けるポイントは2つ。
一つは「風営法」の届け出を出していること。
二つは、定期的な性病検査を実施していることです。

まず一つ目の風営法の届け出についてご説明します。
風俗業を営業するためには、営業所を管轄する警察署を通して、公安委員会に対して届け出を出す必要があります。
女性向け風俗の大半を占める、無店舗、デリバリー型のお店であれば、「無店舗型性風俗特殊営業届」です。

きちんと届け出を出し、受理されているお店であれば、ホームページ等に記載があるはずです。
記載のない店、届け出を出していないお店は無届営業の可能性があります。トラブル防止のためにも、利用は見送ったほうがいいでしょう。

2つ目は、定期的な性病検査を実施していることです。
本番行為はなくても、口などの粘膜からうつる場合もないとは限りません。
お客様の健康と安全のためだけでなく、男性が安心して働くためにも、定期的な性病検査は欠かせません。
利用前には、性病検査を実施しているか、また検査の頻度についても、調べておくと安心です。

また、これはどんな業種、サービスでもそうですが、タダより高いものはありません。
「無料」は何か裏があると思って間違いないでしょう。あまりにも料金が安すぎるお店も同様です。
出会い目的、すけべ目的の素人男性であったり、押し売り、勧誘、セールスなどにあわないとも限りません。
料金の目安としては、60分1万円程度で、時間は90分以上から。ホテル代やかかった飲食費は女性が負担します。
サービス料金や内容が明記されている。予約の段階でもきちんと答えてもらえるお店が安心です。

その他チェックすべき点としては、
●HPが頻繁に更新されている。

●口コミやお客様の声が、サクラではないと感じられる。良い評価が多数ある。マイナスな口コミも載せている。

●禁止事項が適当である。コピペではなく、その店オリジナルの解釈が加えられている。

●利用方法、ホテルの予約法等が、利用者視点で説明されており、丁寧でわかりやすい。

なども見どころになると思います。

以上、今日は優良店を見分けるポイントについてお話しました。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG