男の人と触れ合うのが久々で緊張していましたが、本当に優しくしてくださって包容力にすごく癒されました。抱きしめていただきながら眠れたのは幸せでした。思いきって申し込んだので不安でしたが、とても素敵な時間を過ごすことができました。

20代会社員

利用しようと思ったきっかけ
平凡な日常生活に何か起こしたいと思ったからです。
男性スタッフの印象
優しそうな大人の男性。俳優の松田翔太に少し似ていると思いました。
サービスに対する感想
男の人と触れ合うのが久々で緊張していましたが、本当に優しくしてくださって包容力にすごく癒されました。抱きしめていただきながら眠れたのは幸せでした。思いきって申し込んだので不安でしたが、とても素敵な時間を過ごすことができました。本当に本当にありがとうございました。

30代会社員

利用しようと思ったきっかけ
経験が無い事をずっとコンプレックスに思っていたのですが、知り合いの男性にその事を悟られて、ちょっと嫌な事を言われたのをきっかけに、何か変わらなくちゃ!と思ったので。
男性スタッフの印象
穏やかにお話して下さったのが印象的で、良い意味で本当に普通のお兄さんという感じでした。
サービスに対する感想
とにかく緊張していて、顔も見れないくらいだったんですが「大丈夫、大丈夫」を繰り返して下さって、ちょっとずつ慣れていきました。初めてならではの色々な質問にも笑いを交えながら答えて下さった事、自信のない私に「変じゃないよ、僕が言うから本当に」と、おっしゃって下さった事、かなり気が楽になりました。本当にありがとうございました。出来れば、またお願いしたいと思っています。

30代会社員

利用しようと思ったきっかけ
男性との接触が恋しくなったことがきっかけ。出会い系や合コンで知り合うような一般男性では安全面で不安があり、女性の扱いにも慣れているプロの方にお願いしようと思った。スタッフに女性がいるのも安心に感じた。
男性スタッフの印象
穏やかで優しい。傍でずっと微笑んでいてくれる。打ち解けていくと、さらに子供のようにも女性のようにも小動物のようにも見えてくる。HPの写真では線の細いイメージだったが、会ってみるともっと大きくたくましい感じ。
サービスに対する感想
期待以上のサービスをして頂けたと思う。ただ、最後に2人で寝落ちしてしまい、平日であるにも関わらず終電を逃してしまった。時間配分には気をつけたいところ。”

20代会社員

利用しようと思ったきっかけ
あまり男性経験がなく、このままではまずいと思ったから。
男性スタッフの印象
終始穏やかで安心しました。他の方の声にもある通り、本当に普通の会社員の方でちょっとびっくりしました。
サービスに対する感想
初めてでものすごく緊張していましたが、こちらの様子を気遣いながら進めてもらえました。最後の方は思い返すと恥ずかしくなるようなことをしてしまうくらい、安心できる方でした。またよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。