他のお客さんの声が、自分と同じような経験や気持ちを綴っている方が多く、自分だけが変なんじゃないんだととても励まされましたし、率直な意見をそのまま載せていることが逆に信頼でき、きっとここなら大丈夫と感じて申し込みました。

30代会社員

利用しようと思ったきっかけ
もともと、セックスに対する理想が高くて(私の場合は、身も心もとけてしまいそうな濃密なセックス)、今までの経験で叶わなかったことが、こちらを利用すれば体験できるような期待があって、利用しようと思いました。
理想が高すぎて、主人にはあまり理解してもらえず、諦めていたのですが、出産をきっかけに、月のものの周期に合わせて性欲が高まる時期が出てくるようになったんです。
今まで諦めていた願望が湧き出てきてどうしようもなくて、そんなときこちらを見つけて、勇気を出してお願いしようと決めました。

男性スタッフの印象
背が高くて、綺麗な方だな、と思いました。
物腰の柔らかそうな、そんな印象でした。
私が緊張して、目を見てお話しできなかったのですが、私に対するお気遣いを感じて、お優しい方なんだな、と思いました。癒されるという表現が陳腐に感じるくらい、心がほどけるような感じ。
何でも話してしまいそうな感じ。

サービスに対する感想
私が緊張しすぎて、ほとんど身を任せるような感じになってしまい、申し訳なかったです。
カオルさんにして頂いたこと、実は全部、今までしてもらったことがなくて、どうしたら良いのかわからなくて、戸惑いました。思い描いていたことをして頂いたのに(苦笑)。
初対面ということもあって、ほとんど喋れなくて、それだけが残念でしたが、でも、すごく嬉しくて、気持ち良かった。
私自身、仕事も育児もしているので、時間とお金に余裕があるわけではないし、理想が叶うなら一度だけでも良いと思って、最初で最後にしようと決めて予約させて頂いたのですが、一度だけじゃなく、また利用したくなります。
何とか、そんな機会が来ないかなと願っちゃっています。それくらい、利用して良かったと思っています。
あと、お忙しいから、私といるときは休めると良いなと思ったりしながら、サービスを受けていたので、もっと気持ち良いに集中すれば良かったかな、と。
個人的にわかったことは、上目遣いに弱いこと。
普段は見下ろされることが多いけど、カオルさんに上目遣いされたときはドキドキしてしまって、思わず頭を撫でてしまいました。すみません!
一度きりにしようと決めたのに、まだ気持ちがふわふわして逢いたくなってしまいます。とりとめなくて、ごめんなさい。

20代小売販売

利用しようと思ったきっかけ
長く付き合った彼とお別れし、その間にいい感じ?になった別の男性と些細なことで連絡が取れない状態になり、短期間に2回失恋したような気になって寂しかったから。また元彼とのセックスにも不満があり、自分の中でコンプレックスになっていたため。
男性スタッフの印象
とても優しくて物腰の柔らかい方でした。悩んでいることを自嘲気味に話してしまいましたが、真剣に聞いてくださって嬉しかったです。
セッション中も体が痛くないか、何度も気にかけていただいたので安心できました。
サービスに対する感想
1対1の男女間でおきた事を他の人に相談するのは、友だちでもためらいがありますよね。お話聞いていただけただけでも少し気持ちが楽になりました!
地方までお越しいただいてありがとうございました。

20代

利用しようと思ったきっかけ
今まで男性とはあまりいい思い出がなく、男性への不信感を感じていました。
性経験もなく、自分は女性として失格なのではという認識から、ならば男性に負けないように頑張らなければと誰にも甘えずずっと頑張り続けていましたが、仕事で精神的に追い込まれ体調を崩して会社も辞め、もう自分には良いところなんて何もないととことん落ち込みました。
でも逆に自分を見つめなおす良い機会にもなって、今まで自分がそうだと思ってきたことって本当にそうなのかな?と考えるようになりました。
社会で考えられている女性の位置づけや、男性と違って女性が性を強調するとはしたないと思われるのかも疑問に感じました。
男性が風俗に行ってもいいのなら、女性が行ったって悪くないじゃないかと思うようになりインターネットで調べたところ、こちらの存在を知りました。
HPやブログを拝見して理念に共感しましたし、しっかりしていて安心できそうだと感じました。
また他のお客さんの声が、自分と同じような経験や気持ちを綴っている方が多く、自分だけが変なんじゃないんだととても励まされましたし、率直な意見をそのまま載せていることが逆に信頼でき、きっとここなら大丈夫と感じて申し込みました。

男性スタッフの印象
自分で申し込んでおいたくせに、いらっしゃるまで現実と思えなくて「わ、本当に来るんだ!」と思いました笑
お仕事帰りでスーツだったから第一印象は普通のビジネスマンでしたが、緊張をほぐすためにしばらくお喋りしてみると、ソフトで優しいけれど芯があってスマートな方だなと。
お喋りで十分楽しかったので、これだけでもいいかもと思ってしまいました笑
一緒にベッドに入ってからは、「好き」という感情を持つまでもいかない、初めて会った人と本当に拒絶反応なくできるのかな、と心配しましたが、そこは全く問題なく笑
ムードの持っていき方など何も心配なくエスコートしてくださって、ベッドでは良い意味でとてもいやらしかったです。
他の方が仰るとおり、お肌がすべすべで触るのが気持ちよかったし、中性的な魅力もある方なので「あれ、私女性とでもできちゃうんじゃないかな」と新しい扉が開けそうです笑
優しく手の甲で体を撫でてくれたり、たくさんキスやハグをしてくれたのがとても癒されました。
今までは、セックス=女性は受け身、声に出すのは喘ぎ声のみ、な印象が強かったのですが、「どうしてほしい?」と聞いてくれたり、(お願いするのはとっても恥ずかしかったですが、要望を聞いてくれて満足度がすごく上がりました)逆にこうしてって言ってくれたりして、本当にセックスって究極のコミュニケーションなんだって身をもって知ることができました。
あと、自分でするのよりも体がずっと敏感になって、「あ、私ってこんなところ感じるんだ」と新しい発見もありました。
でも一番嬉しかったのは終始ずっとカオルさんが褒めてくれて大切に扱ってくださったことです。
今まで褒められることも少ないまま大人になって、自己肯定感の低さから誰にも弱みを見せられずにいたのに、家族や友人にも見せたことないくらい、びっくりするほど素の自分が出せて甘えられて、それが自分でもすごく嬉しくて、自分で押し殺していた自分が自分に帰ってきてくれた気がしました。
私を私に戻してくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。

サービスに対する感想
気持ちのいいセックスをすると、こんなに愛で満たされるのかということを知り、今までネガティブな印象だった行為が、とても素晴らしいものに思えました。
皆が気持ちのいいセックスができれば世の中が平和になるんじゃないかって思えるくらい。
要望としては次に会う時まで今回の私を覚えておいてほしいくらいです。
他の方と同じ意見になりますが、どうかご自愛されて長く続けていただければと思います。
また、本当に日本ではまだまだ女性が抑圧されて生きづらい環境にあると思いますし、それに気づけていない人も多いです。
女性の性の解放と、独りよがりのセックスしか知らない男性への啓蒙活動も地道に行っていただければと思います。

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。