【セックスレス】2つの原因と、2つの選択肢

今日は「セックスレス」についてお話したいと思います。

【セックスレス】2つの原因と、2つの選択肢【女性向け風俗】

セックスレスの原因は男性?

結論から言うと、セックスレスになる原因のほとんどは男性側にあります。それには2つの理由が考えられます。
1つはED、勃起不全。
2つは、男性特有の「性にともなう罪悪感」です。
今日はこの2つについてお話しします。

セックスレスの現状

まずは、セックスレスの現状についてです。
日本の大手コンドームメーカーが、全国の男女約1万5000人を対象に行ったアンケートの結果、既婚者の55%、交際中の29%の方が、「セックスレスだと思う」と回答しているそうです。特に40~50代男性では、約6割の方がセックスレスであると答えています。

ムツゴトのお客様でも、セックスレスの方はとても多いです。10年、20年セックスしていないという、セカンドバージン女性もざらにいます。
周りの人、例えば両親や友達にも相談できない話題なので、自分だけがセックスレスなのではと悩んでいる女性は多いと思います。

なぜか女性に原因があると思ってしまう

一般的には、セックスレスの原因として、次のようなものがあげられます。
●お子さんが生まれて、「お母さん」になり、性欲の対象ではなくなってしまった
●「家族」「パートナー」としての側面が強まり、異性を感じにくくなった
●出会った頃に比べて、体型や見た目が変わってしまった
●単純に飽きてしまった。刺激がなくなってしまった。

ほとんどの女性は、自分自身に何か問題(たとえば魅力が減ったとか)があって、パートナーの興味が減ったのではないかと考えています。
旦那さんにその気になってもらうために、「優しくしたり」「オシャレに気遣ってエステに行ったり」、努力を積み重ねてみます。
セクシーな下着を買って、思い切って誘ってみても、「拒絶」されたり「それとなくはぐらかされて」しまう場合が多いようです。

女性には判らない男性の気持ち

セックスレスで悩む女性の話を聞いていて、気が付いたことがひとつあります。それは、セックスレスになった最初のきっかけとして、「彼が勃起できなかった」「硬さが足りず、うまく挿入できなかった」「射精の前に萎えてしまった」というケースが非常に多いということです。

女性にはわからないと思いますが、男性にとって、「勃たない」ということは、非常にショックが大きいです。女性から「まぁ、そういうこともあるよ」などと慰められても、一度失われた自信は、そう簡単には回復しません。

本当にばかばかしいとは思うのですが、多くの男性は、「硬く勃起したおちんちん」こそ、「男らしさの象徴」だと考えています。
おちんちんが硬くならない、途中で萎えてしまうというのは、男らしさの根源を揺らがず、男性にとって面目丸つぶれの、間違っても認めたくない事実なのです。

勃起に不安を持つ男性にとって、奥さんの「セクシーな下着」や、「精の付く食べ物」は、恐怖でしかありません。
なぜなら、「セクシーな下着を前にしても、おちんちんが勃たない俺」「精の付くご飯を食べても、おちんちんがヤワな俺」など、おちんちんの弱さが、ステキな下着や食べ物によって強化されてしまうからです。

勃起不全は若い男性にも起こり得る

勃起力不足は、中年以降の男性の問題だと思われがちですが、若く、健康な20代、30代の男性でも、勃起力に不安を持つ人が多いといいます。若い方の場合、EDの約9割は、ストレスやプレッシャーによる心理的要因だといわれます。若い男性でも、お酒の飲みすぎや寝不足、セックスの際のちょっとした失敗などでも、勃たなくなることはよくあります。

EDを奥さんに悟られたくないという理由で、セックスを避けている男性はかなり多いと思います。

男性の性欲の基本構造

2番目は、男性の「性欲の構造問題」です。
男性の性欲には、『荒々しさ』や『暴力』が密接に結びついていると僕は考えています。アダルトビデオや成人向け雑誌を例に取るまでもなく、多くの男性にとって、セックスとは「猥雑」なもので、「興奮」や「刺激」「スリル」を求める気持ちが強いように感じます。

一方、女性にとってセックスは、ポジティブなものです。スリルよりは愛情を、刺激よりも安心や安全、癒しを求める方が多いのではないでしょうか。パートナーとの愛情を再確認したり、抱きしめあうことでリラックスしたり、女性にとってセックスは、「荒々しさ」や「暴力」とは、正反対に位置するものだと思います。

セックスという行為は同じだけれども、男女で求めるものは180度違います。男性の考えるセックスと、女性の求めるセックスはまったく別物なのです。
女性と知り合い、親密になり、付き合ったり結婚したりして信頼関係を築き、仲が深まれば深まるほど、男性にとって女性は性的な対象から外れていきます。
「女性を大切に思うほど、淫らで、猥雑で、いやらしい性の相手としては、見ることができなくなる」
という、ねじれ現象が起きてしまうのです

まとめ

まとめます。セックスレスの原因は主に男性側にあり、
●1つは、ED。EDを隠したいという気持ち。
●2つは、男性の性欲の構造。つまり、「彼女や奥さんを大切に思うほど、性的対象から遠ざかる」
という、この2つにあります。

セックスがなくなってしまったからと言って、二人の関係を否定することはないと思います。彼にとって一番大切なのはやっぱり「彼女や奥さん」であるあなたです。

セックスレスは男女の構造的な違いによるものです。だから、セックスレス解消を目指すより、彼とのセックスは無理と、すっぱりと諦めた方が楽になると思います。

セックスレスの処方箋

その後の選択肢は2つあります。
●ひとつは、セックスはもう自分の人生にはないものだというふうに舵を切る
●ふたつは、彼氏や旦那さん以外の人と、内緒で、安全にセックスを楽しむ
二つに一つしかありません。僕はもちろん、断然二つ目をおすすめします。

今日は以上です。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG