【30歳、3人に1人は処女】「初体験は一生の思い出」ではない理由。初体験の先にもまだ人生は続いてゆくことに目を背けてはならない

【30歳、3人に1人は処女】「初体験は一生の思い出」ではない理由。初体験の先にもまだ人生は続いてゆく

初体験はただのきっかけに過ぎない

今日は「セックスの経験がない処女の女性」について、お話します。
「処女で、未経験である」ということを、誰にも相談できなくて、一人で悩んでいらっしゃる方は多いと思います。
結論から言うと、初体験はただのきっかけに過ぎないのだから、悩むくらいならしてしまった方がいいと僕は考えています。
一般的にはよく、「初体験は一生の思い出、だから大切にしなければならない」と言われます。この常識によって、多くの女性が苦しめられてしまっています。
初体験は、大人の成熟した女性へとステップを上るための、きっかけでしかありません。初体験そのものよりも、そのあとのほうがずっと大切だし、初体験なんて忘れてもかまわないと思っています。

20代、30代でも三人に一人は処女

ある大規模な調査によれば、20歳~24歳の女性の約46%がバージンだという結果が出ています。25歳~29歳では約32%、30歳~34歳で約31%の女性が、バージンだそうです。
女性も性に対してオープンになったと言われますが、20代、30代でも、三人に一人は処女です。そう考えると、意外と処女の方が多いということがわかります。
「処女で、未経験である」ということについて、一人で悩んでいらっしゃる方は多いと思います。たとえば、このようなご相談をよくいただきます。

  • 恋愛経験も無く、男性が苦手で打ち解けられない。
  • 身近に男性がおらず、出会いがない。
  • セックスに興味はあるけど、なんとなく痛そうで怖い。
  • 以前彼とセックスしようとしたが、痛くてできなかった。
  • 30代、40代以上でセックス未経験の、いわゆる中年処女で、もう遅すぎるんじゃないかと心配している。
  • 好きな人がいるが、処女だと「重い」と思われるのではないかと悩んでいる。

処女は大切という呪いの言葉

女性がセックスすることについて、社会はネガティブなイメージを植え付けがちです。女性は安易に身体を許してはいけない、たとえば、「キズモノになると、お嫁に行けなくなる」など、本当に時代錯誤も甚(はなは)だしいですが、親御さんなどに言われたことのある方もいらっしゃるかもしれません。
さらに、「初体験は一生の思い出。だから大切に好きな人とするべきだ」ということも、よく言われます。

初体験の先にもまだ人生は続いてゆく

僕は、初体験は、ただのきっかけにすぎないと考えています。女性は誰でも、ご自分の中に豊かなセックスの世界を持っています。初体験はその扉を開く、最初の一歩になります。
相手もいないし、痛そうで怖いと、初体験を先送りにしてしまうのは、本当にもったいないことだと思います。
初めてでも、時間をかけてゆっくり愛撫すれば痛くないですし、回を重ねるごとに気持ち良くなれます。新しい世界の扉を、ぜひ勇気を持って、開けてほしいと願っています。
今日は以上です。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG