「私、処女なの」と彼女は言った

【女性向け】「私、処女なの」と彼女は言った【女性向け風俗ムツゴト】

女性向け風俗ムツゴトのカオルです。
ムツゴトには、処女の女性専用の「バージンコース」があります。
通常のコースよりカウンセリングに重きをおいており、男性とのふれあいがまったく初めてという女性でも、安心してご利用いただけるようなコースです。
リラックスして身をゆだねていただけるように、ベッドでもゆっくり、ゆっくりと愛撫を進めていきます。

実は、「処女」について、僕にはほろ苦い思い出があります。
大学生の頃、アルバイト先に他大学で同い年の女の子がいました。好きな本など、共通点があって、時々二人で飲みに行くこともありました。
あるとき彼女から、「私、処女なんだよね」と打ち明けられました。
当時の僕は、経験人数も二人程度。もちろん女性からそのようなことを言われたのも初めてでした。「性的な事柄に対して、ちょっと怖い気持ちもある」と言う彼女に対して、どう声をかけていいかも判らず「へーそうなんだ」と、なんだか気の利かない対応をしたのです。

僕がおちょっくたり、からかったりしなかったことで、彼女は少し安心したのか、時々バージンであることや、片思い中の彼について相談してくれるようになりました。
僕と言えば相変わらず、あいづちを打つだけでしたが、彼女に頼りにされていることは、嬉しく思っていました。

ある日の深夜12時ごろ、突然彼女から、僕の下宿に電話がありました。
終電を乗り間違えて帰れなくなってしまったので、これから家に行ってもいいかとのこと。僕のアパートはターミナル駅でもなんでもないので、今思えば不自然なのですが、当時の僕はそこまで気が回ることもなく、「いいよ」と答え、彼女は僕の部屋にやってきました。
2人でビールを飲みながら取り留めもない話をし、時間もずいぶん遅いので、もう寝ようと言って、彼女をベッドに寝かせ、僕はソファーで毛布にくるまって横になりました。

電気を消してしばらくすると、彼女は「寒い……」といって、僕の横に入ってきました。これはどうしたらいいのかな……などと考えているうちに眠くなってしまい、結局何もしないまま寝てしまいました。
朝、目が覚めると、彼女はすでに出かけていて、「泊めてくれてありがとう」という置手紙がテーブルの上に残されていました。その後、アルバイトが変わり、彼女とはそれきりになってしまいました。
彼女は勇気を出して、僕にさまざまなサインを出してくれていたのに、僕はまったく汲み取ることが出来ないで、すべてを見逃してしまったのです。
もし、当時の僕が今の100分の1でも、女心をわかっていたら……と、思います。

あれから10年以上経ち、数えきれないほどの経験を重ね、女性向けの風俗を立ち上げるなんて、人生とはまったく何が起こるかわかりません。
彼女とはもう2度と会うこともないだろうけど、もし会えたら、「あのとき、僕に打ち明けてくれてありがとう」と伝えたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG