【処女卒業応援企画】49歳処女です。終わってますか?

【処女卒業応援企画】49歳処女です。終わってますか?【女性向け風俗】

女性向け風俗ムツゴトのスタッフ、カオルです。

今日は「処女の悩み」シリーズの第4回として、49歳の方へ向けたお話です。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。

ある大規模な調査では、30~39歳の女性の、約34パーセントが性経験がないと答えています。
それ以上の年齢の方のデータは残念ながら無く、不明なのですが、30代でバージンの方が40代、50代で卒業するとはなかなか考えにくいですから、30代と同様に、30%くらいの方は未経験なのではないかと推測します。

40代、50代でも、3人に1人は処女。
処女というイバラの冠(かんむり)をかぶっているのは、決してあなただけではないのです。

今日、僕があなたにお伝えしたい事が1つあります。

それは、人は何歳からでも変われるし、遅すぎることは決してないということです。
「あきらめたら、そこで試合は終了」とは、漫画「スラムダンク」の名セリフですが、逆に言えば、諦めない限り、いつからでも逆転可能なのです。

ある40代の高齢処女の女性、仮にE子さんとしますは、こんなことをおっしゃっていました。

「44歳にして、処女、もちろん独身です。これからを独り身で過ごすことの不安に苛まされます。将来を考えると、孤独が恐ろしくてたまりません。
現実から目を背けている自分、そのことがわかっていながら、逃げている自分がいやです」

E子さんは、厳しい家庭で育ち、学生の頃は恋愛なんて御法度だったと言います。
社会人になってから、何人かアプローチをしてくる男性がいたが、あまりその気になれず、お付き合いまでは至らなかった。

これまでも、何度かお見合いをしたり、結婚相談所に入会したりしたが、処女ということが重石になって、なかなかうまくいかない。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女が重くなっていく。こんなことなら、意に沿わない男性でもいいから、若いうちにセックスしておけばよかったと、そう言って、E子さんはため息を漏らしました。

「これまで、仕事や生活にかこつけて、恋愛やセックスにずっとふたをして生きてきました。でも人一倍憧れはあるし、欲望だって感じます。
世間の人が当たり前にできていることが、どうして私はできないんだろうと、ずっと苦しかったです。
このまま、ただひとりの男性に愛されることもなく人生を終えていくのか、誰にも触れられず、女性としての悦びはおろか、セックスすら知らずに枯れていくと思うと、恐怖とむなしさで胸が押しつぶされそうになります」

思いつめた表情で、E子さんはおっしゃいました。

はじめて身体を重ねてから数か月後、E子さんから
「まだまだ予感に過ぎませんが、恋が始まりそうな気がしています」
という報告を受けました。

「小さな、でも確かな変化が私の中で起きていていることを実感します。
カオルさんと初めてお会いしたあの日、本当に大切な一歩を踏み出せたました」

恋の効用でしょうか。目に見えて明るく、いきいきと変わっていくE子さんを見て、僕自身とてもうれしかったことを覚えています。

E子さんは、決して特別な例ではありません。
人生は可能性に満ちているし、人は何歳からでも変われるのです。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG