女性向け風俗は女性にとって「パンドラの箱」なのか

女性向け風俗は女性にとって「パンドラの箱」なのか

女性向け風俗、ムツゴトのカオルです。

多くの女性とお会いして強く思うのは、あまりにも多くの女性が、セックスにおいてご自分をないがしろにしすぎているということです

ある20代の女性は、このようなことをおっしゃっていました。

「彼のことは大好きだけど、セックスしてるときは寂しい。

彼が私の身体を使って、オナニーしているみたいに感じるから」

セックスの目的、イコール射精になってしまっていて、女性は射精の補助、サポートに甘んじているのが、今の現状だと思います。

「女性がセックスで気持ちよくなる」という概念すらないことに、問題の根本があるのかもしれません。

ある30代の女性、仮にI子さんとします、に、「旦那さんとのセックス」を教えてもらったことがあります。彼女は初体験が旦那さんで、旦那さん以外との経験はないそうです。

「ベッドに入ると、いきなりパジャマを脱がされる。明日は出張で、いつもより更に気が進まないのだけれど、夫はそんなことお構いなし。
忘れ物はないかなと考えていると、胸を揉まれ、下着を脱がされて性器に指を入れられる。
ぼどなく、彼もパンツを脱いで中へ挿入。入口が痛くて、痛みを逃すために腰をずらして深呼吸する。
いつものことなのですっかり慣れてしまったが、今日は特に痛い。
彼は息づかい激しく腰を振り続けている。
あまりにも痛くて、ちょっと涙が出てきたけど、どうせ3分も持たないので息を止めて我慢する。
彼が射精したら、自分で後始末をして、床に落ちたパジャマを拾う。
夫に目を向けると、もうスヤスヤと寝息を立てて寝ている。おわり。」

あなたはこのようなセックスをどう思いますか?
「そうそう、ウチも同じ」と、思われるかもしれません。
特に、I子さんのように、旦那さんとしか経験が無いと、他と比べようもないので、このようなセックスが当たり前と思ってしまうかもしれません。

I子さんはこうも言います。
「これが私たち夫婦の、いつものセックスです。いつも同じルーティンで、所要時間は10分もかかりません。
夫とは好きで結婚したし、いまもそれは変わりません。
だから彼が私の身体を使って射精してくれるだけで、精神的に満たされれればそれでいいと思っていました。
ムツゴトさんを利用して、パンドラの箱を開けてしまったような気分です」
と、I子さんはおっしゃいました。

確かに、気持ちいいセックスは、女性にとってパンドラの箱なのかもしれません。
知ってしまったら、もう後戻りできなくなる。そんな怖さがあると思います。

箱を開けるか、開けないかはあなた次第です。
でも僕は、一人でも多くの女性に、気持ちいいセックスがあるということを知ってほしいと思っています。

ちなみに、ギリシャ神話では、パンドラの箱から災いが地上に飛び出した後、最後に希望だけが残ったと言われています。

今日は以上です。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG