【女性向け風俗】エッチなことを、したいときにしたいだけ

【女性向け風俗】エッチなことを、したいときにしたいだけ

言うまでもありませんが、mutsugoto ではすべての主導権はお客様である女性にあります。
一見当たり前のことなのですが、「主導権が女性にある」というのは、とても大切なことです。

主導権があるとは、つまりハッキリと言うと、あなたがしたいときに、したい人と、したいだけ、あなたの意志で、エッチなことができるということです。

例えば日時や時間帯も、僕らがあなたに合わせます。男性側の都合に振り回されることは一切ありません。
お会いする場所やホテルのタイプも、あなたの自由です。
ベッドに入ってからもそうです。仮にノーリアクションでも、淡々とサービスを受けることができます。
無理に演技をして、男性を喜ばせる必要もありません。
途中で急に気分が乗らなくなったら、いつでもそこでストップできますし、もっとしたいと思ったら、延長も可能です。
一切僕らに気を使う必要はありません。

セックスは男女がお互いのことを深く判りあえる、唯一のコミュニケーション手段であると僕は考えます。だから、お互いの肌のふれあいを最も大切にしています。

でも日本の社会では特にセックスにおいて、どうしても男性が上・女性が下になってしまっているケースが多いのではないでしょうか。

主導権は男性にあって、女性は男性の性欲を一方的にぶつけられるだけ。
彼を興奮させるために恥ずかしがって見せたり、フェラチオをしたり、イッた振りをしたり。多くの女性は、男性の性感を高めるために、大変な労力を費やしています。

そこまで頑張っているのに、男性は自分が射精したらさっさと寝てしまう。
セックスの目的は「射精」で、女性はそのための「道具」になってしまっているのだと思います。
このようなセックスでは、空しくなるのも当然でしょう。

僕はセックスとは、「女性が気持ちよくなることを、男女がともに目指していく行為」だと考えています。
セックスの目的は「女性が気持ちよくなること」にあり、そのための手段が「コミュニケーション」です。

主人公はあなたです。
ぜひムツゴトで新しいセックスの扉を開けてください。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG