グローバル観点?から見た、日本の女性用風俗

海外の女性から見て、日本の女性向け風俗はどうなのか?

先週赤坂で、シンガポール、ポーランド在住の外人女性と食事しました。
僕が仕事にしている女性向け性的サービスは、海外でもニーズがあるのかみたいなことを議論しました。
結論は、海外で女性向けのサービスが成立するのかどうかはわかりませんでした。
ただ、日本人の女性は性的な関心を「無い物」であるかのごとくクローズにしますが、海外ではそうではないという事でした。あらためて文化が違うのだと言うことを感じた次第です。

海外在住の日本人女性が、わざわざムツゴトを利用するために帰国されたという例は結構あります。
でも、よく考えると、日本人以外の女性が利用されたケースはほとんどありませんでした。もちろんホームページの英語版が用意されていないからかもしれませんが、、、、
(台湾の方が2名いたくらい)

僕から日本人女性について説明したこと

  • 日本人の女性は性的なことを内面化する傾向にある。例えば悩みがあっても、他人(友人・親など)に話すことが出来ないので抱え込んでしまう。
  • 例えばオナニーをしていることすら、女性は友人同士であっても絶対に会話できない。
  • 性的なことを一般女性が口にすることすらはばかられる雰囲気。
  • セックスレスなど、誰にも相談できない性的な悩みを話したくて、女性向け風俗を利用する人が多い。
  • まだまだ日本の女性の性は、あくまでも男性の性欲の対象にすぎないという前提がある。
  • したがって、公に女性の性を語ることはハードルが高い。メディアでも、性を語る女性はイロモノ(風俗嬢、AV嬢などで語るしかない)に見られがち。
  • 教育・常識などで厳しく禁止されているが故に、性欲が自分にあることを全く気づいていない女性もなかにはいる。

シンガポールの女性(投資銀行勤務:20代独身)のコメント

  • 日本に比べるとクラブが一般的になっていて、男女ともそこでセックスする相手を見つけることが可能。(クラブは、日本では尖っている男女が訪れる場所というイメージがあるが、海外ではもっと普通の人が行っている)
  • パブなどでそれとなくセックスをする相手を見つけることも一般的(女性がそれとなくサインすると、男性がすぐによってきて話がまとまる)
  • 女性はオナニーしていることは、普通のこととして友人にも彼にも話す。
  • セックスの問題は美容の問題と同じレベル。人に言えないということはない。
  • 女性の性欲は男性とは独立していて、関連しているなど考えたこともない。

ポーランドの女性(テレビ局勤務:30代既婚)

  • 食欲とかと同じレベルなので、セックスの話題を普段の会話ですることは何も抵抗がない。
  • 日本人女性は、夫婦がセックスレスであることを、なぜ見ず知らずの男性に相談しないといけないのか?
  • 旦那さんと徹底的に会話すればいいだろう。パートナーに話せないということがまったく理解できない。
  • 女性用風俗が倫理的に正しいかどうか、実際に利用するかどうかは別として、そのような選択肢のある社会のほうが豊かだと思う。ダイバーシティ観点からも、価値の多様性を日本社会も受容すべき。
goyoyaku
お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG