「会陰が裂けた!」女性向け風俗のスタッフが教える、性交痛の原因と痛みを改善できる秘密のアイテムご紹介

女性向け風俗ムツゴトカオルYouTubeチャンネルとは

女性向け風俗のスタッフが教える「会陰が裂けた!」性交痛の原因と根本的な解決法

僕は女性向け風俗ムツゴトの経営者、兼スタッフで、女性の方からお金をいただいて、性的な悩みをお聞きしたり、実際にエッチなサービスをしたりしています。

本編の前に、一つ注意があります。ムツゴトチャンネルはセックスをマジメに考える動画です。エッチな画像等は一切ございません。あらかじめご了承ください。この動画を見ていいなと思ったら、ぜひ画面下のいいねボタン、チャンネル登録をお願いします。

「会陰が裂けた!」性交痛に対する視聴者様からのコメント

以前アップした動画、『エッチが痛い問題。「強く」「素早く」は絶対ダメ』に、視聴者の方からコメントをいただきましたので、今回はそれに回答していきたいと思います。

このようなコメントです。
「この前、彼氏としたあとに会陰が裂けてしまいました。すごく痛かったけど、彼氏には言えませんでした。コミュニケーション不足ですね。痛いって言えなくて、私が我慢してしまったのが原因です」

僕は男性だから想像するしかないのですが、会陰が裂けるって、とても痛いんじゃないかと思います。お辛かったですね。

裂けるまでとはいかなくても、セックスに痛みがあって、気持ちよくなれないという女性はとても多いと思います。

セックスの「痛み」、性交痛の種類

セックスの痛みは、大別すると2つの種類に分けられます。
1つは、膣の入口の皮ふが引っ張られたり、巻き込まれたりすることによる「性器の表面の痛み」。
2つは、膣の中を突かれたり、かき回されたりすることによる、「性器の中の痛み」です

結局のところ性交痛の原因は男性にある

表面の痛みも、中の痛みも、痛くなってしまう原因は男性側にあります。
その要因は2つです。
1つは、男性が、おちんちんと女性器を同じように考え、扱ってしまっていること
2つは、時間。女性側の準備が整っていないのに、挿入して動いてしまったためです。

大半の男性はオナニーの際におちんちんを強く握って素早く動かしているため、女性の身体にふれるときも、「強く」「素早く」が気持ちいいのだろうと勘違いをしています。

女性が気持ちよくなる=性器が充血してほぐれる、柔らかくなるまでには、最低でも前戯だけで一時間はかかる。
多くの男性はセックスを急ぎすぎてしまうため、痛みが出てしまう。

そのような男性に対して、多くの女性は、彼に悪いし、せっかくしてもらっているのだからと、痛みを我慢して、気持ちいい振りをしています。
そのため、いつまでたっても「気持ちいいセックス」にたどりつけないという悲劇が、そこかしこで起きています。。
男女のどちらかがアクションしなくては、いつまでも「セックスが痛い」という問題は解決しません。

性交痛解決に向けて男女が心がけるべきこと

男性は、もしかして女性は痛いのではないかと、常に気遣うことです。
女性は、少しでも違和感や痛みがあれば、我慢しないで男性に伝えることです。
まずはこの2点からですと、以前にもお伝えしました。

女性にできる性交痛の対策として、よく、ローションやゼリーの使用が勧められます。

一日に何人もの男性のお相手をするプロの女性などは、あらかじめ膣内にローションを注入しておいたり、使い切りのゼリーなどを仕込んでいたりするようです。

風俗嬢も使っている!性交痛を改善できる秘密のアイテムとは

潤滑ゼリーで僕がおすすめするのは、株式会社ハナミスイさんから発売されている、「ウエットトラストプロ」です。

ウエットトラストプロは、膣内に注入するワンタッチ式の潤滑ゼリーです。手で性器にふれることなく、簡単に使えるので、衛生面でも安心できます。
無色・無味・無臭なので、パートナーに気づかれにくく、安心して使えることも特長です。

価格は10本で2000円程度、気軽に試せる3本入り(900円ほど)や、お得な大容量もあります。インターネット通販で購入できます。

確かに、ローションやゼリーを使えば、摩擦が減りますから、「表面の痛み」に対しては効果があるのかもしれません。

ウエットトラスト自体、製品としてとてもよくできているし、性交痛で悩む女性に大変おすすめなのですが、僕は、ローションやゼリーは根本的な解決にはならないと考えています。

性交痛の根本的な解決に向けた考察

そもそも、なぜセックスが痛くなってしまうのかについて考えてみましょう。

  • 緊張して硬いままの状態で指やおちんちんを入れたら、痛くて当然。
  • 愛撫でリラックスさせて、女性器を十分にゆるませなければいけない。
  • 身体を緩ませるには時間がかかるため、愛撫にはある程度の尺が必要。急いでいいことは一つもない。

よく、「セックスは究極のコミュニケーション」と言われる。僕もそう思う。
質問者様も、「コミュニケーション不足」とおっしゃっていますが、
しかし、「コミュニケーション」と「痛い」という話は別物。

「痛み」は単純に男性の技術的な問題。いくらコミュニケーションを取っても、技術を向上させなければ、痛みはなくならない。
セックスが下手」と言うと、多くの男性はムッとするが、別に人格を否定しているわけではない。
ゴルフと一緒で、矢鱈目ったら、力ずくにクラブを振っても、うまくならない。
正しいフォームで、正しい力加減で打たなければいけない。それには練習が必要だし、コーチがいたらもっと早い。

男性にどう技術を伝えていくかは、僕の今後の課題。

性交痛は、99%男性側の技術的な問題なので、女性は、「私の身体がおかしいのかな」とか、「我慢が足りないのかな」とか、一切思う必要はない。

今日は以上です。

画面下のいいねボタン、チャンネル登録をお願いします。
また、コメントやメッセージもいただけると嬉しいです。
みんなに見られるのはちょっと恥ずかしいという方は、ムツゴトのHPにメッセージフォームがございますので、ぜひそちらからご意見、ご感想をお送りください。

こちらも併せてご覧下さい

多くの女性は勘違いしているが、実はセックスは痛いものではない

【エッチが痛い問題】「強く」「素早く」は絶対ダメ!

「セックスが上手な男性」はなぜ少ないのか?

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG