多くの場合セックスの目的は男性が射精することになってしまっている

男性は結局のところ出したら終わり

多くの女性はなぜセックスが気持ちよくないのか?

「彼とセックスしていても痛い」「彼は射精したら終わりで、私はまったく気持ちよくない」と感じたことはありませんか? 根本的な原因は、セックス=男性が射精に至るまでのプロセスだと考えられていることにあるのです。

ある30代の主婦の方に「旦那さんとのセックス」を描いてもらったことがあります。彼女はこれまで彼としかセックスしたことがありませんでした。

ベッドに入るといきなりパジャマを脱がされる。明日はバレイの発表会があって、いつもより更に気が進まないのだけれど夫はそんなことお構いなしだ。予備のシューズをどこのクロゼットにしまったんだっけ?と考えていると、彼は胸を強く揉んで乳首を弄んでくる。シューズ見つからないと困るなと思っていると、下着を脱がされて性器に指を入れられる。ぼどなくすると彼もパンツを脱いで私の中へ自分のものを挿入してきた。トバクチに激痛が走るが、痛みを逃すために腰を少しずらして深呼吸する。いつものことなのですっかり慣れてしまったが、今日は特に痛みを感じる。彼はどんどん息づかいが激しくなって腰を振ってくる。あまりにも痛くてちょっと涙が出てきたけど、どうせ3分も彼は持たないので息を止めて我慢することにする。少し目を閉じていたら、いつのまにか彼は射精してしまったようだった。ベタベタするので、自分で拭き取ってゴミ箱にティッシュを捨てる。夫に目を向けるともうかすかに寝息を立てているようだ。いつもと変わらないセックス。。。
彼とは好きで結婚したし、いまもそれは変わらない。だから彼が私の身体を使って射精してくれるのは精神的に満たされると思っていた。。。

あなたはこの情景を読んでみてどう感じられましたか?
「そうそう私も同じ」おっしゃるかもしれません。この主婦の方みたいに、彼しか男性を知らないと他と比べようもないので一生気付かないと思います。

実はセックスに相性というものはない

セックスで気持ちよくなることは、実はそれほど難しいことではありません。よく「身体の相性が悪かった・・・」などと言い訳する男性がいます。でもそれは、彼が自分のことしか考えていないセックスをしているから、単に女性が気持ち良くないだけなのです。
気持ちよくなれないのは、愛が足りなかったり、あなたの身体がオカシイのではなくて、相手の男性のセックスの遣り方にすべての原因があるのです。オーガズムを体験しないで、女性として終わってしまうのは本当にもったいないです。
このブログでは女性のための性サービスの中で、具体的にどうやっているのか、詳しく説明したいと思います。ご期待くださいね。

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

お客様の声
最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG