‪「イヤ、ダメ、恥ずかしい」はNGワード。イイ、もっと」と言うべき理由

【女性向け】‬「イヤ、ダメ、恥ずかしい」はNGワード。「イイ、もっと」と言うべき理由【女性向け風俗】

今日は、セックスの際の「演技」についてお話します。 

結論から言うと、僕はセックスに多少の演技は必要だと思います。演技というとどことなく嘘くさい、悪いイメージがあるので、「リアクション」と言い換えてもいいかもしれません。

特に経験のない処女の女性は、気持ち良くてもどう反応したらいいかわからなくて、たいていは固まって、黙ったままです。
僕は全然気にならないのですが、普通の男性の場合、女性にリアクションが無いと、「気持ち良くないのかな……」「楽しくないのかな……」と不安になってしまうかもしれません。

バージンの女性に限らず、経験のある女性でも、ベッドの中で、どのように振舞えばいいのか、実は不安に思っている方は多いと思います。

ベッドの上でセクシーに振舞うことができれば、相手の男性も喜ぶし、何より、ご自分自身がもっと気持ちよくなれると思います。

演技は、まったく難しくありません。
コツはたった2つだけです。
一つは今の気持ちを、素直に表すこと。
二つは、前向きな言葉をつかうことです。

それぞれについて解説します。

まずは、今の気持ちに正直になることです。気持ちいいときは素直に「気持ちいい」と伝えましょう。逆に痛いときは遠慮せずに「痛い」と言うべきです。

セクシー女優さんのように、大げさにアンアン、イクイクと言う必要はありません。
たとえば、「気持ちいい」「もっと」と、そっとつぶやく、イクときに、「イキそう、イク」と、伝えるなどです。
声に出して言うのは、ちょっと恥ずかしいと思う女性も多いかもしれません。
言葉だけがコミュニケーションではありません。
たとえば、男性の手をギュッと握る、身体や腰を押し付けるようにする、男性の胸に顔をうずめる、脚を開く、腰をモジモジと動かすなどのしぐさも、気持ちを伝える手助けになります。
それも恥ずかしければ、吐息だけでも十分です。ため息をつくようなイメージで、大きく息を吐きましょう。
言葉だけでなく、表情、視線、身体の動きなどで気持ちを伝えられるようになると、すてきだと思います。

二つ目は、前向きな言葉を使うことです。

「いやよいやよもいいのうち」という言葉に代表されるように、日本人の女性は、セックスの最中に「いや」「やめて」「ダメ」「恥ずかしい」など、マイナスの言葉を発する方が多いように思います。
セックスが悪いこと、どこか後ろめたいものだという無意識の刷り込み、さらには、女性は控えめで、貞淑であるべきという文化的背景がそう言わせているのかもしれません。

僕も昔は、「いや」と言ったり、脚を閉じようとしたりしている女性の態度を、当然のようにとらえていました。本当はしてほしいけど、恥ずかしくてポーズでイヤと言っているのだろうと、軽く考えていました。

言葉にはパワーがあります。
性的な行為のたび、「いや」「やめて」「ダメ」「恥ずかしい」と繰り返すうちに、セックスはいやで、恥ずかしく、してはならない行為だと、自分にも、相手にも刷り込むことにはならないでしょうか。
一度ではそんなふうにはならないかもしれないけど、10年、20年と経ったら、どうでしょうか。

それに、男性は単純な生き物ですから、「いい」「もっと」と言われればうれしいし、やる気もわきます。逆に「いや」「ダメ」と言われると、それが日本的なポーズだとわかってはいても、「いやなのかな」「申し訳ないな」とひるんでしまうかもしれません。

「いや」「ダメ」などの否定的な言葉は、本当にいやなとき以外は、使わない方がいいと思います。
それより、「いい」「もっと」「気持ちいい」という、前向きでポジティブな言葉を使った方が、相手も喜ぶし、あなたも楽しいと思うのですが、いかがでしょうか。

まとめます。
セックスのときの演技のコツは2つです。
1つは、言葉やしぐさで、積極的に今の気持ちを伝えること。
2つは、「イヤ」「ダメ」「恥ずかしい」というマイナスの言葉ではなく、「いい」「もっと」「気持ちいい」というポジティブな言葉を使うことです。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG