女性の身体に火をつけるために、僕ができるのは2つだけ

【中イキ】朝まで止まらない連続オーガズム【女性向け風俗】

ホームページやYouTube動画で何度かお話している通り、気持ちいいセックスを構成する要素の内、男性のテクニックは3割に過ぎません。
いくらすごい技術を持っていたとしても、相手の女性が僕たちを信頼して、心を開いてくれなければ、真のオーガズムは成しえないのです。

これまでの経験からも、1回や2回、ベッドを伴にしただけで、心を開いてくださる女性は滅多にいらっしゃいません。
焦らずじっくり、腰を据えて「待つ」という態度が、僕たちには必要です。

二年以上利用してくださっている、名古屋在住のお客様の話です。仮にYさんとします。
出会った当初、Yさんは20代後半でバージンでした。男性に苦手意識があり、裸には抵抗があるので、着衣のままでサービスを受けたいというご希望でした。

初めてお会いしたとき、Yさんは始終震えていらっしゃいました。
直感的に、何か訳があるんだろうなと感じ、何も聞かずに抱きしめるだけで、その日はお別れしました。

3回目に呼ばれたとき、ベッドで添い寝しながら髪を撫でていたら、Yさんはいきなり、ワッと泣き出しました。
少し驚きましたが、時々あることなのでそのまま頭を撫でていました。
Yさんは訥々(とつとつ)と、自分の身体と、生まれついた性別への違和感について、お話してくださいました。
「子どものころは、自分を男の子だと思っていた。身体が成長するにつれ、心の性と、身体の性に違和感を強く覚えるようになった。
自分が『女』だということを、素直に受け入れられない。でも、身体は女性なので、男の人に抱かれてみたいし、セックスもしたい。
カオルさんとベッドに入ることは出来るようになったけど、これ以上先は怖くて進めない。どうしても怖い」
と、Yさんはおっしゃいました。
話をしているうちにYさんも落ち着いて来たので、この日はそれでお別れしました。

それからも、Yさんは毎月僕を名古屋に呼んでくださっていました。
1年以上経ち、僕にも慣れて来たようで、下着まで脱ぐこともありました。

ある夏の夜でした。名古屋のいつものホテルで、僕はいつものように、彼女の脚を開いて、下着の上からそっと性器にふれていました。
すると、彼女が突然、身体を震わせたのです。
そのまま続けていると、どんどん高まってきて、Yさん自ら下着を脱ぎ、
「指を中に入れて」と言い出しました。
僕はビックリしてしまって「本当にいいの?」と五回くらい確認しました。
僕が躊躇していると、「指を入れて、中をさわって」と言います。
小指の第二関節くらいまでゆっくりと入れて、中を少し刺激すると、Yさんは激しくオーガズムを迎えました。
続けていると何度も、Yさんは波が寄せて打ち返すみたいに繰り返し繰り返し達しました。

夜が明け、外が明るくなってきました。それでも、彼女は止まりません。何度も何度もオーガズムに達しながら、「もっと、もっとして」と求めてきます。
チェックアウトの時間になったので、「そろそろお終いだよ」言っても、「いや、やめないで」とおっしゃいます。名残惜しかったのですが、時間なので、シャワーを浴びて、僕は先に失礼しました。
女性の身体に火がつくというのは、だいたいこんな感じです

なぜあの晩、心と身体の壁が一気に崩れて、Yさんの身体に火がついたのか、僕にも、たぶんYさん本人にも、その理由はわからないと思います。
僕が1年以上、下着の上から触るだけで、それ以上無理に進めなかったから、僕に対して安心してくれたのかもしれません。

ただ言えるのは、あの晩、彼女の心の深いところで
「ああ、大丈夫なんだ」と腑に落ちたのだと思います。
安心して受け入れてくださっているというのは、僕も感じることができました。

まとめます。
気持ちいいセックスを構成する要素の内、男性のテクニックは3割に過ぎません。 7割は女性自身がいかに心と身体を開けるかにかかっています。

女性に対して、僕らができるのは2つだけです。
それは、「待つ」こと、そして「見守り続ける」ことです。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG