彼が好き。だけど、セックスは怖い

彼が好き。だけど、セックスは怖い【女性向け風俗】

今日は「彼のことは大好きだけど、セックスになると怖い」というテーマについてお話します。

ムツゴトには処女のお客様も多いのですが、そのうちの6割程度は「交際経験はあるが処女」という方です。
彼女たちは口をそろえて、「彼のことは大好きだけど、セックスになると怖くなってしまう」と言います。

なぜ、好きな人でもセックスになると怖くなってしまうのか?
結論から言うと、女性は根本的に「男性が怖い」のだと思います。

僕は、男性の恋愛感情は、4つの感情、「愛情」「性欲」「攻撃性」「征服欲」が合わさったものだと考えています。これらはセットになっていて、切り離しは不可能です。
女性は敏感ですから、相手の男性に攻撃性の刃を感じて、怖くなってしまうのではないかと思います。

恋愛経験豊富だが、セックスは怖いという女性の例を紹介します。

32歳のWさんです。Wさんは、恋人にセックスを求められても応えられない自分に、いつも罪悪感を覚えてしまうと言います。
「学生の頃、結婚を約束した彼がいました。彼は幼馴染で、温厚で優しい人。
でも、一緒にベッドに入るだけでも怖くて、セックスはいつも断っていました。
そんな私に対して、彼は『焦らなくて大丈夫だから。俺はずっと待っているから』と、常々言ってくれていました。
こんな優しい彼に「我慢させてしまっている」という罪悪感に耐えきれず、卒業と同時に婚約を解消しました。

次に付き合った男性は、40代の妻子ある男性。
お付き合いする前に、「私はセックスできないよ」と言って「それでもかまわない」と承知してくれました。
にもかかわらず、一緒に旅行に行ったりすると、約束を忘れて「いいだろう」などと言いながら迫ってきました。何度か同じようなことがあり、私が怒ると、それで関係は終わりました。

その次に付き合ったのは、うんと年上の男性。「僕はもう枯れているから大丈夫だよ」と言っていたのに、お酒が入ると、無理矢理さわろうとしてきて、いやになってお別れしました。
こんな事をこれまでグルグルと繰り返してきました。

今付き合っている男性とは、まだキスだけしかしていません。将来的には結婚も考えていて、先日は向こうの親にご挨拶に伺いました。
彼は優しい男性ですが、セックスがネックになって、結局はダメになってしまうだろうというあきらめに似た気持ちが先に立ってしまいます」

好きな男性であっても、キス以上の行為は怖いと言うWさん。
Wさんはこうも言います。

「なぜ私がここまで、セックスのことをごちゃごちゃ考えているかというと、本当は人に言えないくらい性欲が強いからなのです。
排卵日の前後は頭がおかしくなったのでは無いかと思うくらい、セックスのことばかり考えてしまいます。ひとりエッチをしてもまったく収まることは無く、一日中男性に抱かれていることばかり妄想してしまうのです。

彼がしたいと思っているのと同じように、私もしたくてしたくてたまらないのを我慢しているのです。

でも、エッチな自分、ありのままの自分を出すのは怖い。
セックスしたいけど、素の自分をさらけ出すのは怖いという、矛盾に苛まれています」

このようにWさんはおっしゃいました。

「したいけど出来ない」という激しい相克の中に、女性は身を置いているのかもしれません。

まとめます。
セックスが怖くなってしまう原因は、男性と女性、それぞれにあります。
一つは男性の恋愛感情が、「愛情」「性欲」「攻撃性」「征服欲」の合わさったものだということ。
二つは、女性の、「エッチな自分、ありのままの自分を知られてしまったら、気持ち悪いと思われるに違いない」という強い刷り込みです。

夫や恋人だから怖くないという訳でも無いようです。多くの女性は性欲を満たすために恐怖心を妥協しているのかもしれません。

「セックスが怖い」というテーマについては、引き続き考えていきたいと思っていますので、みなさまのご意見をいただけるとありがたいです。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG