【蛙化現象】好きだった彼と、実際に両思いになると、なぜか気持ち悪くなってしまうという複雑な女心

男性には全く理解できない、女性特有の心理状態

【蛙化現象】彼が好きなのに、両思いになると気持ち悪くなってしまう現状の原因について、考えてみた

女性用風俗ムツゴトのカオルです。
今日は、「友達だったら大丈夫だけど、恋愛を意識すると男性が怖くなってしまう」という、女性の特有の複雑な気持ちについて、考えてゆきたいと思います。

皆さんは、カエル化現象という言葉を聞いたことがありますか?

片思いしていた相手が振り向いてくれた途端に、興味を失ったり気持ち悪く感じたりすることを意味する、、心理学用語の1つです。

カエル化現象について

男性経験が少ない
自己評価が低い女性に起こりやすいと言われています。

女性向け風俗で僕が得た結論とは

女性向け風俗というこの仕事を通じて、カエル化現象の女性に数多く出会ってきました。 僕が達した結論は以下です。

  • 男性はセックスを意識すると、相手の女性は性欲の対象物になってしまう
  • 男性は「恋愛感情+性欲」はセットになっていて、性欲には攻撃的な性質=刃が内包されている
  • 女性はその男性が怖いのではなく、男性が女性に向ける性欲の刃に恐怖している

女性向け風俗にいらしゃった20代のお客様の事例

このテーマについて、僕のお客様で、20代後半でバージンのJさんが興味深いことをおっしゃっていました。

Jさんは明るくて、社交的で男友達もたくさんいるけれども、恋愛を意識すると、急に男性が怖くなってしまうと言います。
これまでにも何度か告白されたり、お付き合いをしたりした経験はあるけれど、恋愛、そしてその先に待っているであろうセックスを考えると、怖気づいてしまって、長続きしないそうです。

Jさんは、
「自分が性の対象として見られるのかもしれないと思うと、嫌悪感を抱いてしまいます。
あなたの人柄が好きですよ、あなたと趣味が合いますよ、というアプローチを受けているのに、最終的には性欲の対象になってしまうのがイヤなのかもしれません 」
と言います。
「男性から恋愛感情を持たれる」=「男性の性の対象物になる」
だから怖くなってしまうのかもしれません。

Jさん含めた多くの女性は、別に男性が嫌いなわけではないのだけれど、男性の性欲の刃を感じて怖いと思っているのではないでしょうか。
性の対象物になることの嫌悪感と、男性が嫌いだということをごっちゃにしているのではないかというのが、カエル化現象の根本原因だと僕は考えています。

男性の性欲は攻撃的な要素を含んでいるというカオルの仮説

攻撃性は、その男性の性格や人格がどうかではなくて、男性の性欲に本質的に内在しているものだと思っています。

普段は優しくて礼儀正しい男性でも、セックスの時は理性のタガが外れてしまうので、本来の攻撃的な部分が表に出てしまって、敏感な女の人はそれを怖いと思うのだと僕は考えています。

このロジックで考えると、友だち付き合いは性欲を向けられてないから怖くないけど、恋人になると「恋愛感情+性欲」はセットになっていているので怖いということになります。

と、このようなことをJさんとベッドの中でお話しました。

男性から恋愛対象として見られることは、女性にとって危険なこと

Jさんは「そうですね。。。」と、少し考えた後、
「カオルさんがおっしゃるように、男性から恋愛対象=性の対象として見られることに違和感というか怖さがあったので、もしかしたら今までは無意識的に「女性」であることを避けて、「友達」でいるようにしていたのかもしれません。私の防衛本能が男性を避けていたんですね。」

そして、
「カオルさんにお会いするようになってから、デートのために洋服やアクセサリーを選んだり、新色の口紅を買ったりして、久しぶりに「女性」としてワクワクしてる自分に出会えた気がします。

カオルさんとの時間をきっかけに、少しずつでも「女性」としての自分を認められるようになれたらいいなと思います」
とおっしゃいました。

処女でバージンだったJさんが一歩踏み出すきっかけになれたなら、僕はとても嬉しく思います。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG