愛とセックスその不自由な結びつき


愛があれば『中イキ』できるのか? 9割の人が勘違いしている、愛とセックス、中イキの関係の論理的結論

女性向け風俗ムツゴトのカオルです。
今日は「愛」と「セックス」の関係についてです。

結論から言うと、僕は気持ちいいセックスに、「愛」は必須ではないと思います。
恋愛感情がなくても、気持ちいいセックスは十分可能だし、逆に、大好きな彼や旦那さんだから、深く気持ちよくなれるというわけではありません。

「愛」と「セックス」を結び付けすぎると、不自由になってしまうのではないかと、僕は思っています。

一般的には、以下のようなテーゼがあると思います。
「セックスは愛情を確認する行為」
「愛のあるセックスは気持ちいい」

「恋愛 = セックス」であり、オーガズムは深い愛情の先にあるものと考えられています。
まず恋愛があり、 好きな人とセックスで結ばれて、 結果オーガズムに至るという順番です。

しかし現状、多くの女性が、大好きなはずの彼や旦那さんとのセックスが気持ちよくない、痛い、イケないと悩んでいらっしゃいます。

好きな人だから気持ち良くなれるはずなのに、そうなれない。
私の愛が足りないのか、彼は私の事を愛してくれてないのか。
多くの女性がこのような疑念を持ってしまっています。

このような疑問が生まれてしまう根本原因は、「恋愛 → セックス → オーガズム」といった固定概念のためかもしれません。

10年以上、1000人近くの女性と接してきた僕が思うことは、「性的に気持ち良くなるために、恋愛感情は必須でない」ということです。

気持ちいいセックスに必要なのは、愛情ではなくて、身体の深いところでの「信頼感」です。
"信頼"とは「この人は私に痛いことや、嫌なことは絶対にしないんだ」という狭義な事項です
"信頼"は、僕がこの仕事で最も重視していることでもあります。

彼氏や旦那さんであっても、例えば興奮のままにおっぱいを乱暴に揉む、指で膣をかき回す、腰を激しく打ち付けるなどしたら、痛いし、痛いと身体は無意識に警戒モードになってしまいます。

頭では「好きな人とセックスをしているのだから、気持ちいいはずだ」と思っても、身体は相手を警戒しているため、気持ちよくはなれません。

また厄介なことに、一度身体に「セックスは痛い、怖い」と刷り込まれてしまうと、毎回、自動的に警戒モードに入ってしまいます。
それを解除するのは容易ではありません。

彼氏や旦那さんとのセックスが気持ちよくない、痛いという方は、もしかしたら身体が無意識に警戒モードに入っているのかもしれません。

「愛とセックス」について、大学生のTさんから、次のようなメッセージをいただきました

「彼氏はいますが、正直なところ、あまりセックスがよくありません。
好きなのに、どうして気持ちよくなれないのだろう。私が悪いのだろうかと思い、セックスのたびに、彼に申し訳なさを感じてしまいます。

私はいままで、ざっくりと「愛情=セックス」だと考えてきました。
愛が先に来るのだろうと思っていたのですが、カオルさんとお話していて、セックスは愛情でもあると気づきました。
さらにいえば、愛情は数式で、セックスは解だとも考えられます。どちらを求めるにせよ、見え方・感じ方違うだけでが答えは同じなのだと、ムツゴトさんを利用して気づくことができました。
漠然としていた考えが、腑に落ちる感覚がしてスッキリしました。
ぜひ、また利用させていただきたいと思います。
ありがとうございました」

というメッセージでした。

Tさんもおっしゃっているように、世の中には「女性は愛情が先にあって、セックスはその結果生まれるもの」という常識があります。
「愛とセックス」を結び付けすぎてしまうと、苦しくなってしまいます。
愛はなくても、正しい技術と信頼関係さえあれば、気持ちいいセックスは十分に可能です。

常識から完全に自由になるのは難しいかもしれませんが、このような世界もあるということを、頭の片隅に、ちょっとでも覚えておいていただけると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG