【女性必見】草食系男子をソノ気にさせる!マル秘誘い文句

【女性必見】草食系男子をソノ気にさせる! マル秘誘い文句

バージンで悩んでいる女性から、「処女を卒業したいけど、どう男の人を誘ったらいいかわかりません。どうしたらスムーズに処女を卒業できるでしょうか?」
という質問をよく受けます。

結論から言うと、逆説的ではありますが、最初からセックスをしようと思わないことです。
「バージンを捨てなきゃ」
「セックスしなきゃ」
という焦りは、男性にも伝わってしまいますし、相手を遠ざける原因になってしまうと思います。

男性に慣れていない大人の処女の女性が、セックスに至る道のりは果てなく長いです。

まず、「いいな」と思う男性と出会う。
そして、その男性が、マトモであると確証を得る。

彼に話しかけ、世間話などをしながら、それとなく気があることを伝え、連絡先を交換して、デートの約束を取り付ける。

1回目のデートで良い印象を与え、2回目のデートで、距離を詰め、3回目でホテルへ。

少し考えただけで、あまりの大変さに、めまいがしそうです。
コトを急いで男性に警戒されたり、めんどうがられては元も子もありませんから、この一連をあくまで自然に、スマートに進めなければなりません。

「いいな」と思う男性がいても、いきなりセックスしようと思ってはいけません。
僕がバージンの女性と会話していて感じることは、当たり前ですが、男性にまったく免疫が無い方がほとんどだということです。
手も繋いだことが無いのに、いきなり、「バージンを捨てなきゃ」と悩むのは、ステップを飛ばしすぎではないでしょうか。

まず、できることから始めましょう。
ポイントは焦らないことと、時間をかけることです。

気になる男性がいたら、まずはあいさつからです。
次は、お天気や、食べ物についてなど、当たり障りのない会話をしましょう。
タイミングを見ながら、好きな食べ物は何か、映画や本、音楽などは好きかなど、徐々にプライベートな話を聞き出しながら、「私はあなたに興味を持っていますよ」と、それとなくアピールしていきます。
デートの誘い文句としては、古典的ですが、
「映画のチケットが余ったので、もしよかったら一緒に行きませんか?」
「おいしいイタリアン(彼が好きそうなお店)があるんですけど、一人だと行きにくいので、もしよかったら一緒に行きませんか?」
「この間の〇〇のお礼に、食事をごちそうさせていただけませんか?」
などが良いと思います。

今の男性は草食系が多いですから、男性からのお誘いを待っていたら、永遠に機会は訪れないと思っていいでしょう。
恋愛や女性の扱いに慣れていない男性は特に、女性の興味がありそうな話題がわからない、デートなどの提案をしてこない、連絡もマメでない傾向があるので、結果としてお互いに「待ち」の状態になってしまって、なんとなく途切れてしまうことが多いように思います。

女性から誘うことを恥ずかしがったり、照れたりする必要はまったくありません。
最初はうまくいかなかったり、断られたりするかもしれません。
デートもセックスも場数が大事なので、繰り返すうちに徐々に慣れていきます。

気楽な気持ちでどんどんチャレンジしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG