【処女卒業応援企画】19歳、バージンってカッコ悪いですか?

【処女卒業応援企画】19歳、バージンってカッコ悪いですか?

カオルです。

これから4回にわたって、「処女の悩み」についてお話しようと思います。

処女の悩みは、女性の年齢によって変わってきます。
たとえば、19歳でバージンの方と、49歳でバージンの方では、同じ「処女の悩み」でも、見える景色がまったく異なります。

第一回の今日は「19歳でバージンの方」へ向けたメッセージをお送りします。
2回目は29歳の方、3回目は39歳の方、4回目は49歳の方向けです。
お楽しみにされてくださいね。

第一回目の今日は、「19歳で処女の方」へのメッセージです。

結論から言うと、あなたが19歳でも、セックスするのに早すぎることはまったくありません。
あなたの心と身体は、大人になる準備を整えて、花開く日を今か今かと待ちわびている状態です。

10代後半〜20代の処女の悩みは、大きく分けて2つです。

1つは、周りと比べてしまうこと
2つは、知識不足、経験不足による不安です。

それぞれについて解説します。
まず1つ目、周囲と比べてしまうことについてです。

10代、20代は特に、友達同士で恋愛や性の話をすることも多いと思います。
その中で、「彼氏がいる、いない」「セックスしたことがある、ない」などの話題になることもあると思います。

友達と比べて、恋愛経験がないことで劣等感を覚えたり、周りが処女を卒業していく中で、自分だけが遅れているのではないかと焦ってしまう女性は多いと思います。
自分だけが子どものまま、取り残されている感覚があるのだろうと思います。

以前あるお客様の女性がこんなことをおっしゃっていました。彼女は19歳の大学生で、未経験の処女です。
「大学一年生のころ、友人数人と恋愛の話をしていて、処女だとバレるのがちょっと恥ずかしく、見栄を張って「男性経験がある」と、嘘をついてしまいました
その後もグループの中で、「○○(マルマル)ちゃんも経験済みだよね」ということで話が進んでしまい、いまさら処女だと言えません。

同じクラスに気になる男性がいるのですが、もし付き合うことになったら、私が処女だと知られてしまう。嘘をついたことがバレて、友達に軽蔑されてしまうかもしれません。
どうしたらいいのでしょうか」
ということでした。

僕から見れば、大学生らしい、なんともほほえましい悩みです。でも、彼女にとっては、とても深刻な大問題なのです。

グループの中での位置や、自分だけが遅れてしまっているという負い目、セックスへの不安、誰にも相談できずひとりで抱え込んでしまっている辛さなどがないまぜになって、彼女は深刻に悩んでいました。

彼女に対して、僕も最初は「そんなに気にしなくてもいいんじゃない?」と話を聞いていました。しかし、だんだんと彼女は彼女なりに悩んでいて、好きな男性とも付き合えないというジレンマに陥っているということがわかってきました。

彼女は彼との交際で無事に処女を卒業し、その後も順調だそうです。

彼女の例もそうですが、自分の気持ちがどうかより、「周りにどう思われるのか」を非常に気にしている方が多いように感じます。

「空気を読んで当たり前」

「二十歳までに処女を卒業しないとダサい」
「大学生になったら、彼氏がいるのが普通」
という、押し付けられた価値観に踊らされるのは、まったく意味のないことだと思います。

2つ目は、知識や経験の不足からくる不安です。
セックスに限らず、車の運転でも何でもそうですが、したことのない、わからないものは怖いし、不安だと思います。

知識がない、経験がないのは当たり前です。何も恥ずかしがることはありません。

例えば、ご自分の性器を見たことがありますか?
男性に、「ここが気持ちいいから、こうしてさわって」と言えますか?

性器のヒダの間まで、きちんと洗えているでしょうか?

コンドームの正しい付け方を知っていますか?
ご自分でコンドームを買えますか?

わからなくても大丈夫。今は指先1つでいろいろな情報にアクセスできる時代だし、僕はあなたの味方です。
僕と一緒に勉強していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG