バージンの女性に伝えたい、もう一つの選択肢

彼を作らないと、いつまで経ってもセックスは出来ないのか?

処女の女性が、プロにお金を払ってセックスの手ほどきをしてもらう

「実は処女である」ということを誰にも相談できなくて抱え込んでいる女性は多いと思います。性に対して女性もオープンになってきたと言われますが、ある調査結果では、30~34歳の約24%の女性は、男性との性交経験がまだないそうです。

・心が処女、男性が苦手で打ち解けられない
・セカンドバージンで、もう10年セックスしていない
・昔彼氏がいたけど、痛くて途中で辞めてしまった
・一度したけどほとんど経験がない
・旦那さんしかしたことがなくて、セックスがどういうものか判らない
・オーガズムを経験したことがない
・セックスで気持ち良くなったことがない

初体験はすぐに忘れてもいい程度の事柄

世間はどうしても女性がセックスすることについて、ネガティブなイメージを植え付けがちです。

・女性は安易にセックスをしてはいけないという性教育。
・性的経験はキズモノになる、お嫁にいけなくなるという脅し、あるいは古くからの社会通念
・結婚するまで大事にとっておくべきだという考え方

「初体験は一生の貴重な思い出、だから大切にしなければならない」という常識が、多くの女性を苦しめてしまっていると思います。初体験は、ただのきっかけにすぎません。初体験なんて忘れてもかまわないんです。一度セックスしたという事実にすぎません。単なる通過儀礼なのです。相手が必ずしも好きな人である必要はないし、プロに任せて安心するということも一つの選択肢になり得るのではないでしょうか。

初めてでも、時間をかけてゆっくり愛撫すれば痛くないですし、回を重ねる毎に気持ち良くなれます。男性に優しく抱かれたら、安心できます。女性向け風俗mutsugotoのホームページをご覧頂いて、「新しい体験ができそう」、「まだ知らない世界を知れそう」このように思われた女性の方は。ぜひ利用してみて下さいね。

よろしかったら、以下有料ブログnoteをご覧ください。
バージンについて、僕が考えていること、経験したことをほとんどすべて書きました。ぜひ読んでくださいね。

「痛くない!!正しいバージンマニュアル 」
【noteご購読はこちらをクリックして下さい】

※関連記事

女性が越えなくてはならない「経験」というハードル
https://mutsugoto.jp/virgin-issue/lack-of-experience/

バージンコンプレックス
https://mutsugoto.jp/virgin-issue/virgin-issue/

処女についての時代的な背景
https://mutsugoto.jp/virgin-issue/background-about-virgin/

アラフォーバージン女子の憂鬱
https://mutsugoto.jp/virgin-issue/virgin-forties/

20代女性の初体験相手の9.6%はネット経由の男性
https://mutsugoto.jp/virgin-issue/first-experience-partner/

goyoyaku

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG