付き合う前にセックスした方がいい理由

付き合う前にセックスした方がいい理由

ムツゴトチャンネル性の手習い
こんにちは。女性向け風俗ムツゴトのカオルです。

「男と女はまったく違う生き物である」と僕は考えています。
わかりあうことは不可能に近いです。

なぜセックスをするのか?
人それぞれ、さまざまな動機や理由があると思いますが、その一つの大きな理由として、僕は、「わかり合いたい」からだと思っています。

mutsugotoのスタッフは、一般の男性に比べると女性と接する機会が多い方だとと思います。
女性心理について学んだメンバーもいますが、それでも女性の考えていることの一割もわからないという話を、いつもしています。
例えば恋について、セックスについて、心の内に秘めた欲望について、「そんなふうに考えているんだ」と毎日が驚きの連続です。
僕たちでさえそうなのですから、彼氏や旦那さんなどに、複雑な女心を理解してもらうのは不可能に近いと思います。
女性も同じように、「男心」に首をかしげた経験があるのではないでしょうか?

男性と女性を結びつける、ただひとつのツールが存在します。
それが「セックス」です。
セックスをすると、食事や会話以上に、相手のことがよくわかります。
それはセックスが会話などとは比較にならないくらい、深いコミュニケーションであるからだと思います。
身体の動きや、ふれたときのリアクション、視線、表情などの非言語的な要素。どういう人で、どのような考え方を持っているのか、肌が接することで多くの情報を得られます。

多くの女性は性やセックスに関して、「常識」という名の鎖に縛られています。
「気安く身体を許すべきではない」
「女性からセックスに誘うのははしたない。安い、軽い女だと思われる」
「本当に好きな人とでなければ、セックスしてはいけない。きっと後悔するに決まっている」
などです。

「まず恋愛感情があって、セックスはその先にある」

という常識を、一旦忘れてしまったらどうでしょうか?
「セックスが先、恋愛は後」と仮定するのです。

「気になった男性とはとりあえずセックスする。肌が合ったら、その後付き合いを深める」という順番です。
セックスをすると、相手の男性のことがよくわかります。
表面は優しそうにみえても、セックス中に乱暴だったり、自分本位な男性では、その後のお付き合いしたとしても、深い安心感は得られないでしょう。
性欲をぶつけるだけの男性、女性の身体をオナニーの道具のように扱う男性も同様です。

本来は男性側が踏み込んで、女性を理解すべきだと僕は考えています。

セックスにおける男性の役目は、女性の言葉にならない声や、表情や態度から、それを読み取ることです。
どうされると気持ちよくて、どうされると嫌なのか?女性それぞれで異なるものだし、同じ女性でもその時の体調や気分でも微妙に変化します。
そのやり取りがうまくいくと、セックスはすばらしいものになります。

気持ちよいセックスをすると、身体と心が隅々まで通じ合い、ぴったりと一つに重なったような気になります。それは何物にも代えがたい、ふたりだけの、ステキな時間です。
そのような逢瀬の積み重ねによって、だんだんと身体と心の波長が合い、愛情が定着する。
そのような状態を「恋愛」と呼ぶのかもしれません。

「恋愛が先にあって、セックスは次」
という常識を一度捨ててみませんか?
そうすれば、セックスを通じてより深いコミュニケーションが取れるようになると思います。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG