女性必見!抑えられない、誰にも言えない性欲との上手な付き合い方

女性必見!抑えられない、誰にも言えない性欲との上手な付き合い方

女性向け風俗ムツゴトのカオルです。
今日は女性の性欲の話です。

「誰にも言えないけれど、実は性欲が強くて悩んでいる」というご相談をよく受けます。

結論から言うと、性欲の強さで悩む必要はまったくありません。
女性は本来、性欲が強いものです。
性欲は女性特有の身体機能であったり、お子さんを産んで育てるというライフイベントと強く結びついています。
強く、激しく、突き動かされるような性欲を感じるのは、とても自然な心身の動きだし、まったく悪いことではありません。

強くて、豊かであるはずの女性の性欲を、無理矢理押し込めざるを得ない、今の状況の方にこそ問題があると僕は思います。

女性の性欲について、よく以下の2つのように言われます。
一つ目は、女性が自らセックスを求めるのは、はしたない、いやらしい、ふしだらだというものです。

二つは、女性の性欲は弱い、あったとしても、受動的なものということです。
ロマンチックな雰囲気であったり、男性に欲情されたりして初めて、女性は欲情するなどと言われますが、それはまったく真実ではありません。

ムツゴトの「女性の性意識調査」によると、470件の回答のうち、約25%の女性が、「性欲が強い」と回答されています。

それだけでなく、多くの女性が、
「こんなに性欲が強い私は、おかしいのではないか、自分だけが変なのではないか」
「排卵日などで、性欲が高まると、自己嫌悪でぐったりしてしまう」
と悩んでいるとこぼします。。

性欲の否定は、自分自身への嫌悪に繋がります。
自己評価が下がり、さらに自己嫌悪という、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

僕のお客様のNさんは、大変美しい女性です。街を歩けば誰もが振り返るくらい、モデル顔負けの美人です。
初めてお会いしたとき、僕が率直に「キレイですね」とほめると、Nさんはムッとした顔をして、こう言いました。
「容姿をほめられても、嬉しくも何ともありません。みんな本当の私を知らないから、そんなことが言えるんです。
カオルさんだって、ドロドロした本当の私を知ったら、私を軽蔑して、嫌いになるに違いありません」

Nさんの言う『本当の私』とは何なのか。ベッドの中でお話を伺い、カウンセリングを進めるうちに、それは「アダルト動画を見ながらひとりエッチをしてしまうこと」だとわかりました。

排卵日の前後などに、性欲が高まって、ひとりエッチをしている。仕事中もエッチなことで頭がいっぱいで、下着を汚してしまう。我慢できなくて、トイレでひとりエッチをすることもある。
ひとりエッチをした後で、強い罪悪感に苛まれ、自分はなんてはしたない女なんだと、ひどく気分が落ち込むと、Nさんは言います。

「強い性欲を感じるのは、まったく悪いことではない」
とNさんに伝え、
「いくらでもひとりエッチをしていいし、したくなったら僕と3時間でも、4時間でもしたらいい。いっぱい感じて、気持ちよくなっていいんだよ」
と言うと、Nさんは安心したように、僕の胸に顔を埋めました。

まとめます。
女性の性欲は、本来、とても強いものです。
しかし一般的には「女性の性欲は受動的なもの。女性自らセックスを欲するなんてあり得ない。もしいたとしても、そんな女性は、いやらしいビッチだ。みだらで、はしたない」などと言われています。

そのためか、多くの女性は性欲を無理矢理に封じています。
性欲を感じる自分の身体に嫌悪感を覚えてしまい、結果的に女性であることすらイヤになって、女性性を押し込めてしまいます。

その強固な呪いを解くためには、性欲を解放してあげることが必要です。そのためのもっとも重要で、唯一の手段が、気持ちいいセックスであると僕は考えています。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG