「いい子」にかけられた、ダブルバインドという足かせ

いい子が悩んでしまう構造とは

僕がお客様と接していて感じるのは、幼い頃から優等生で、親や教師の言うことをよく聞く「いい子」だったという女性が多いということです。大人になり社会に出てからも、上司や周りの人の期待に答えようと、「いい人」を演じてしまうのです。それで、真剣に悩んでしまっている女性が多いように感じています。

でも「いい子」「いい人」の基準は、非常にあいまいです。矛盾しているといってもいいでしょう。
特に、男性に比べ、女性は、親から相反する期待(ダブルバインド)をかけられやすいものです。
いくつか顕著な例を挙げてみましょう。

仕事と結婚についてのダブルバインド

社会で自立する女性の「理想」

「今は女性も仕事を持って自立する時代。いい人がいなければ、無理に結婚しなくてもいい」

社会で自立する女性の「理想」

両親など近親者が期待する「現実」 「結婚して、子どもを産み、人並みに幸せになって欲しい」

学校と家庭でのダブルバインド

学校で先生がおっしゃること

「勉強をがんばれば、将来好きな仕事に就ける。夢に向かってがんばりなさい」と言われ、多くの女子が男子と同等に受験競争に駆り立てられています。

家庭で両親から言われること

「勉強だけできても仕方がない。女の子は、あまり学歴が高いと結婚が難しくなる」 素直ないい子ほど、「がんばれ」と、「がんばるな」という両極端な命令に、混乱してしまいます。

学生時代と社会人でのダブルバインド

学生時代に両親が言うこと

「学生なのだから門限があるのは当たり前。」 「恋愛とか遊んでいる暇があったら、将来のためになることをしなさい」

社会人になったら両親から言われること

「彼はいないの? 早く結婚したほうがいい。孫が欲しい・・・・」

そんなこと、急に言われても困りますよね。
学生時代は、「絶対ダメ」だった男女交際が、社会人になったとたん「しなさい」に変わります。
そして、30歳を過ぎる頃には、「何で結婚しないんだ、早くしなさい」と言われる訳です。
恋愛やセックスを「しても」「しなくても」ダメ。まさにダブルバインドですね。多くの女性が困惑してしまうのもうなずけます。

大人になってからも、親のいうところの「いい子」にとらわれ、それ以外の自分は「悪」だと思い込んでいる女性は多いです。両親はいつしか彼に変わり、そして最後には旦那さんになることもあります。
「いい子」とは、親の願望や期待を映し出した幻、呪縛に過ぎないと、僕は考えています。本当の自分は、「いい子」ではないし、「いい子」でいる限り、幸せはやってこないのです。
親の望む「いい子」から外れた生き方をすることに、罪悪感を覚えたり、自己否定を感じたりする必要はないのです。
次回、ダブルバインドから抜け出そうとしたお客様のお話をしたいと思います。

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。