【ひとりエッチ】もう「むなしい」なんて言わせない

ひとりエッチむなしい問題

ひとりエッチの後のむなしさや、罪悪感を軽減する方法についてお話します。

「ひとりエッチはむなしい」なんて、言わせないために【女性向け風俗】

ひとりエッチ、オナニーやマスターベーション、セルフプレジャーとも呼ばれる行為です。僕の経験では、女性の8割以上がひとりエッチをしています。
ひとりエッチをしても身体に害はないし、まったく悪いことではありません。
オープンに言って回る必要はないけど、特段隠すべき事柄でもないと、僕は感じます。ひとりエッチの後、むなしさや強い罪悪感を覚える女性は多いと思います。なぜでしょうか。

僕は、多くの女性が罪悪感を感じる原因は、女性のひとりエッチが、セックス以上に禁忌とされ、完全に「無いもの」と封印されている今の日本の現状にあると思います。

ある20代前半の女性は、小学校低学年の頃に、性器いじりをお母さんに見咎められて、強く叱られ、以来、非常に強い罪悪感を覚えるようになったといいます。
寂しくなったときや、性欲が高まったとき、つい下半身に手が伸びてひとりエッチをしているが、終わった後はとてもむなしい気分になって、ドーンと落ち込んでしまうそうです。

ひとりエッチに対して、罪悪感を覚える必要はまったくないと思いますが、幼い頃から刷り込まれてきた認識は、急には変わりません。
ひとりエッチを肯定するために、僕は2つのアプローチを考えています。

  • 一つは、女性同士の情報の共有。
  • 二つは、ひとりエッチについて、信頼できる男性と共有することです。

それぞれについて解説します。

女性同士の情報の共有

まず、情報の共有についてです。
多くの女性は、ひとりエッチやそれにまつわる悩みを、たった一人で抱え込んでしまっています。こんな悪いことをしているのは私だけなのではないかと、孤独感を覚えている方も少なくありません。

他の女性がどんなひとりエッチをしているのか、情報を共有することができれば、孤独感が薄らぐのではないでしょうか。

また、他の女性の手法を知ることで、「こんなやり方があるんだ」「これいいかも」と、ひとりエッチをアップデートしていくこともできます。

さらに、ひとりエッチについて正しい情報を知ることで、机の角などに強く押し付けたり、電動マッサージ器を押し当てるなど、間違った方法のひとりエッチを防ぐことにもつながります。

ひとりエッチの情報を共有することは、女性のセックス全体の底上げにもなるのではないかと、僕は考えています。

信頼できる男性と共有すること

次は、女性のひとりエッチを男性が理解、肯定することです
ひとりエッチの罪悪感は、女性一人では解消できない問題だと思います。
信頼できる男性と「ひとりエッチ」を共有して、セックスの一部として組み込むことができれば、罪悪感やむなしさが軽減するのではないかと僕は思います。

信頼できる男性に、私はこんなことを考えて、ここをこんなふうに触っているとか、気兼ねなく打ち明けることができたら、それはそれですごく楽しいし、安心できるのではないでしょうか。

男性側も、たとえば女性から、いつもどこを触ってるのかを教えてもらって、同じようにしてみると、いろいろと発見があるだろうし、ひとりエッチについて聞くことで、より深く女性を知ることができると思います。

まとめます

ひとりエッチの罪悪感やむなしさを払拭するポイントは、「共有」にあると僕は考えます。
一つは、女性同士で情報を共有すること。
二つは、信頼できる男性と、ひとりエッチを共有して、セックスの一部として組み込むことです。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG