たくさんの女の人と寝るのは楽しいの?

女性向け【経験人数1000超えが到った境地】とろけるセックスの秘密

女性向け風俗ムツゴトのカオルです。

2015年に女性向け風俗ムツゴトをオープンしてから5年が経ちました。
ムツゴト設立前にも、インターネットで性の悩みを聞くボランティアをしていたので、それも含めると、10年以上、ほぼ毎日女性とお会いしてベッドを共にするという生活をしています。

以前、ある女性から、
「気を悪くしたらごめんなさい。素朴な疑問なんだけど……」
と前置きされた後、こんな質問をされました。
「たくさんの女の人と寝るのは楽しい?」

しばらく考えて、僕はこう答えました。
「単に楽しいかと言われるとそうでもありません。もちろん、僕も男性だから、いろんな女性としたいという気持ちもありました。特に最初の頃は」

正直に告白すると、だいたい200人目くらいまでは、次々と女性に求められることで、天狗になっていた部分がありました。
Excelで表を作り、それぞれの女性ごとに課題を管理、女性の性欲の周期に合わせて、お会いするタイミングを調整していたほどです。

でも、経験人数が200人を超えた頃、そんなことをするのが、急にバカらしくなりました。
女性のセックスの気持ち良さを100とすれば、男性なんてせいぜい10程度。『あぁそうか、自分の快楽を求めても、大したことはないんだ。それより、女性に良くなってもらう方がずっとすごいことなんだ』と気付いたのです。
 それから、自分の性欲や快感の優先順位がガクンと下がりました。
 優先順位一位は、女性の気持ちよさ。自分が楽しさや快楽は、優先順位の4番目か、5番目くらい。その方がずっと喜んでもらえるし、自分も気持ち良いのだと痛感しました。

女性のセックスには果てしない可能性があると、僕は思います。深遠で豊か。男性よりもずっと快が深いし、本来欲求だって強いのだと思います。

女性向け風俗ムツゴトをオープンしてからは特に、女性が本来持っている深い性欲を、いかに開放するかということをテーマに性とセックスに取り組んできました。

抱いている女性の方がオーガズムを得ると、時折、自分と相手が溶け合って、境目がわからなくなるような感覚になることがあります。
それはとても気持ちよく、心地よい、目もくらむような、すばらしい体験です。

セックスを海に例えるとするならば、僕一人では、波打ち際で遊ぶことしかできません。でも、女性と一緒なら、もっとずっと深く潜れる。息を合わせ、手と手を取り合うことで、一人では到達できないところまで、降りていけます。
その深淵こそ、セックスの本質なのではないかと思います。僕はもしかしたらそれを知るためにセックスをしているのかもしれません。

冒頭の質問に戻ると、「たくさんの」女性とするのは、決して楽しいことばかりではありません。同じことを他の男性に勧めるかと言えば、おすすめはできないです。

ただ1つ言えるのは、ひとりの人と、長い時間、一対一で愛や親密さを深めていくという、今の社会で正しいとされている生き方だけが、正解ではないということです。
あなたがもし望むなら、たくさんの人とセックスしてもいいし、もちろんしなくてもいい。

自分で決めた生き方に対して、罪悪感を覚えたり、後ろめたさを感じたりする必要はまったくありません。
それは男性でも、女性でも同じだと、僕は思います。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG