女性が利用する風俗という僕の仕事について

愛がないセックスは良くないという定説に関する考察

僕(カオル)は、女性向け風俗(ムツゴト)でスタッフをやっています。

世の中には、男性向けの風☆は数多く存在しています。繁華街にはソー☆ラン☆を初めとした風俗店が軒を連ねていて、デリバリーヘルスなど無店舗型の風俗サービスはどんな地方でも電話一本で利用することが出来ます。一方、女性用風俗があるということを、ほとんどの方はご存じないと思います。僕は3年くらいこの仕事に携わっていますが、女性向けのサービスは男性向けとは全く別物だと強く感じています。これから、女性向け☆俗とはどんなサービスなのか?ご説明します。

・男性向けと女性向け風俗の根本的な違いとは
・女性が利用されるムツゴトは、どんなことに気を遣っているのか
・3年やってみて、カオルはどんなことを考えているのか

利用してみよう思われている女性の方、運営側の考えを知りたいと思われている女性の参考になれれば幸いです。

ブログnoteをご覧くださいね。
「女性が利用する風俗という僕の仕事について」

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG