女性にとって、僕はきっかけにすぎない

「彼女をイカせるにはどうしたらいいですか?」女性経験1000人の僕の答え【女性向け風俗】

女性向け風俗は単なるきっかけに過ぎない事

セックスにおける男性の位置付け

セックスした後、お礼の言葉を時々いただくことがあります。(具体的にはお客様の声をご覧ください。)中でイケたのは初めてとか、痛くなくてセックスで初めて感じることが出来たとか・・・・。(ただし常に上手く行く訳ではありません。女性の体調、メンタルな要素は常に変化するし、僕が掴みきれない事も多いですから)それはそれでうれしいのですが、自分では勘違いしないようにしています。

どうしてかというと、
「その女性は、僕がセックスが上手だから喜んでくれているんではなくて、自分の身体がここまで気持ち良くなれるんだと言うことに驚き、感動しているからなのです」

女性が気持ちいいセックスをするためのキーワードが、ここにあると思います。

すなわち、男性は女性の快感を引き出すキッカケにしかすぎないと言うことです。例えば宝物が入った魔法の箱みたいなものを想像してみてください。男性は鍵なのです。僕は多くの箱を開けたかもしれないですが。鍵自体に価値はないのです。宝物は箱の中に存在するのです。
実は、恋愛感情も宝物を引き出すために必要ではないのです。好きな人とセックスしないと気持ち良くなれないと言うわけではないと僕は思います。

※ここで誤解される方も多いと思うので、念のためここに注記しておきます。

僕は、恋愛や結婚がすべて無意味だと言っているわけではないです。あくまでも恋愛感情は女性のオーガズムの必須要素ではないと言うことを言及しているだけです。旦那さんや彼で仮にオーガズムが得られなかったとしても、人生のパートナーであることは変わりないわけで、その存在は大切なものであるはずです。
逆に言うと「彼とは気持ちよくなれないから、わたしは彼のことを本当に好きではないのではないか?」と疑念を抱く必要はないと言うことです。

女性用風俗という仕事で多くの女性と接するにつれて、僕はこのことを強く感じています。

僕は男性のセックスに関する意識を3段階のレベルに分類している
①男性自身の性欲を満たしたい
②女性を気持ち良くさせたい、イかせたい
③女性に気持ち良くなってほしい

こちらをご覧頂きたいのですが、①と②は同じなのです。女性をイかせたいということは、結局のところ男性の自己満足を満たすものでしかありません。だから僕は「女性を必ずイかせるなんとか法」というテクニック群は男性のオナニーの一形態にすぎないと考えています。男性が①、②を超えられないといつまで経っても女性は「イった振り」をするしかなくなってしまうのです。
③は僕がたどり着いた境地だと思っている(ちょっと大げさに言うと・・・)そのためには男性は自分の性欲を捨てなくてはならないし、女性の反応にすべての神経を集中する必要があるのです。

このブログでは、これから僕がどのように考えていて、具体的にどうしているのかお話ししてゆきたいと思います。

goyoyaku
お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG