【おちんちんドリル】初心者女性に知ってほしいコンドーム の買い方と種類【女性向け風俗】

【おちんちんドリル】初心者女性に知ってほしいコンドーム の買い方と種類【女性向け風俗】

コンドーム、持っていますか。付け方を知っていますか。
学校の授業で習ったことのある方もいらっしゃるかもしれません。
そもそも見たこともふれたこともないという方も多いのではないでしょうか。

実は、コンドームは「エッチなグッズ」ではありません。手術用手袋や電子体温計などと同じ、「管理医療機器」に分類される「医療機器」であり、自分も、相手も大切にするため、望まない妊娠や性感染症を防ぐために欠かせないものです。

一般的に、「コンドームは男性の持ち物」「男性が用意するもの」というイメージがあります。でも、セックスは二人でするものであり、コンドームはセックスの際の必需品なのですから、男性任せにするのは、時代遅れなのではないでしょうか。
「女性もコンドームを買う」「感触やパッケージなど、好みのものを女性も選ぶ」ように、まずはあなた自身の意識から変えていきましょう。

コンドームの買い方と種類についてご説明します。

まずは買い方です。

最初にお伝えしたいのは、コンドームを買うのは、決して恥ずかしいことではないということです。

コンビニにも必ず売っていますし、ドラックストアにも必ずあります。
コンビニであればマスクや絆創膏などの衛生用品の近くに、ドラックストアではレジ前や、男性用の髭剃りやグルーミング用品の付近に置いてあることが多いようです。
容量にもよりますが、価格は数百円~3000円前後。買うと、透けないように、レジで紙袋に入れてもらえます。

店員さんの目が気になるという人は、インターネット等の通販でも購入できます。家族に知られたくないという方は、商品名を「衛生用品」「化粧品」「雑貨」等に指定すると安心です。

デザインもかわいらしいもの、シンプルなもの、ポップなものなど様々ですし、サイズや使用感も違うので、お気に入りのコンドームを探すのも楽しいと思います。

意外なところでは、無印良品からもコンドームが出ています。シンプルなパッケージで、三個入りで380円と、値段的にも買いやすいのでおすすめです。表のシールをはがすと、コンドームには見えないので、引き出しやポーチの中に入れても悪目立ちしません。もし家族の方が見ても、コンドームだとはわからないと思います。

次はコンドームの種類についてです。
コンドームの素材は、大きく3つに分けられます。
●天然ゴムのラテックス
●イソプレンラバー
●ポリウレタン
の三つです。

一番多く流通しているラテックス製のコンドームは、伸縮性があり、肌なじみが良いです。
安価で手に入りやすいのですが、男女ともまれに、かゆくなったり、蕁麻疹ができたりするなどのアレルギー反応が起こることがあります。
炊事用のゴム手袋や、絆創膏、ゴム風船などでかゆくなったことのある方は、イソプレンラバーやポリウレタンのコンドームの方が安心かもしれません。

イソプレンラバーは柔らかくて伸びがよいです。ポリウレタンのものは、熱伝導性が良いので、体温が感じやすいように思います。

ちなみに、僕は、相模ゴム工業株式会社から発売されているポリウレタン製の「サガミオリジナル002」がお気に入りです。
10個入りで1700円と、ちょっと高いのですが、コーヒーポーションのようなブリスターパック容器に入っているので、暗いお部屋でも裏表がわかりやすい、取り出しやすく、持ち運びも便利なのでお気に入りです。

みなさんもぜひ、お気に入りのコンドームを見つけてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG