ゆったりとした空気感、知性、、、言葉の伝え方、話し方から充分に伝わりました。

40代

利用しようと思ったきっかけ
某映画を見て、無性に誰かに抱きして欲しくなったから。
女性用風俗ってないのか色々見ていて、一番自分のしてほしいことをしてくれそうだったから。
男性スタッフの印象
なんかもっとチャラい方かと思ってましたが、全然違ってすごく真面目な方でした。
サービスに対する感想
人に抱きしめられるってほんとにいいなって思いました。
すごく優しくしてもらい、たくさん甘えさせてもらいました。
本番ないのって物足りないんじゃないかなと思っていたけど、そんなことありませんでした。
すごく気持ちよかったです。
***さん、いっぱい甘えさせてくれて、ほんとにありがとうございました。唇も肌も柔らかくて気持ちよかったです。またお会いできたらいいな。

40代医療職

利用しようと思ったきっかけ
セックスレスに悩んでいたため
HPから誠実なイメージがしたため
いわゆるホスト風が苦手なため
男性スタッフの印象
さわやかでかわいい感じ
結構若いみたいだけど、いろいろ大丈夫かな?とも少し思いました(^_^;)
サービスに対する感想
一生懸命サービスしてくれて、はじめはかわいいイメージだったのですが時間が経つにつれて、私のほうが甘えてしまっていました…たのしかったです
思ったより利用後、後ろめたさのようなものは感じませんでした
かわりに思い出してときめいたりするぐらいリフレッシュできたみたいなので、ぜひまた利用したいです
ありがとうございました(o^^o)

40代主婦

利用しようと思ったきっかけ
自分自身の心身の健康に必要だと思ったからです。
男性スタッフの印象
とても感じが良く、安心できました。
サービスに対する感想
想像していたよりもずっと良かったです。満足しています。
お忙しい中、お世話になりました。どうぞお身体に気をつけてお過ごし下さい。
癒やされて、たくさんのエネルギーをもらいました。これを大切にしながら今後プラスの力に変えて行きたいと思います。

40代主婦

利用しようと思ったきっかけ
店の考え方から今私が抱いてる得体の知れない悶々さがあり、ふわりと払拭してくれるのではないかと感じたので利用してみました。
男性スタッフの印象
ゆったりとした空気感、知性、、、言葉の伝え方、話し方から充分に伝わりました。
サービスに対する感想
こちら側のペースに合わせて下さる心遣いや気遣いに感謝しています。
淡々としていたのが寧ろ良かったです。かといって殿様商売さは一切感じませんでした。
サービス業、況してやこの様な業界は難しいビジネスだとは思います。
ターゲットが女性、そして何かを抱えている女性も少なくは無いと思います。
例えば利用を積み重ねてく中で、徐々に信頼関係も生まれていくと思います。
器用に線引きを心掛けて女性側も利用する事でしょう。
その時間経過の中で、上下関係になってはならないと思いますが、その感が一切無くプロの中のプロを感じました。

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。