もやもや、そわそわしたら、それは『性欲』かもしれない

カオルです。

先日のツイキャス放送『もやもやと女性の性欲』にたくさんのコメントや感想ありがとうございました。

聞き逃してとても残念ですという声をいただきましたので、ブログにまとめたいと思います。

女性の「性欲」には、いろいろな感情が複雑にまじりあっている

映画ですてきなラブシーンを観た後、あるいは排卵日の前後や生理前に、どうにも落ち着かなくなったり、もやもや、そわそわしたりすることはありませんか?

そのもやもややそわそわは、もしかしたら、「性欲」かもしれません。

「性欲」とひとくくりに言っても、女性のそれは、男性のようにストレートではありません。

寂しい、甘えたい、愛されたい、癒されたい、気持ち良くなりたいというさまざまな心の動きが複雑に絡み合っているし、孤独感や焦燥感、不安感を和らげたい、男性に抱かれることで承認欲求を満たしたいという気持ちもあると思います。

そのもやもやが実は「性欲」であると、ご本人すら気づいていない場合が多いのです。

「セックスのことでいっぱいで、頭がおかしくなりそう」

長年このような女性向けの性サービスの世界に関わっている僕には、ひとつの確信があります。

それは絶対的に、男性よりも女性の方が性欲が強いということです。

例えば、男性は一度達してしまえば割とスッキリして、あとは日常の些事であるとか、仕事だとかにすぐ頭が切り替わってしまいます。

一方、女性はいったん身体に火が付くと、なかなか納まりません。もっと、もっと、してほしいと何度も求めてくるし、ホテルから出ても2、3日はそのような状態が続きます。身体が気持ち良さを覚えるからでしょうか、手をつないだり、向かい合って話していたりするだけでイク方もいらっしゃいます。

本当の意味で性にオープンになった女性の発するエネルギーは、本当にすさまじいものがあります。太古の記憶や生命の本質というとおおげさかもしれないけど、そのような深淵をのぞいたような気がして、男である自分がちっぽけに感じるほどです。

それは、女性には妊娠、出産という、男性には不可能なライフイベントがある点と無縁ではないでしょう。

排卵日や生理前などは、特に性欲が高まる女性は少なくありません。

その強い欲求に対して、罪悪感や後ろめたさを覚える女性が多くいらっしゃいます。

「私はどこか変なのではないか」「淫乱なのではないか」と真剣に悩まれている方もいます。

でも、それはまったくおかしくないし、女性としてのパワーが豊かである証だと、僕は思います。

もやもやを一緒に解きほぐしていく

多くの女性は、「もやもやするけど、これが性欲なのかどうかはわからない」「現状に満足していないのは確かだが、具体的に何がしたいのかはわからない」という状態でご利用されます。

ベッドの中で、「何かしたい、されたいことはありますか?」とお聞きしても、大半の方は固まってしまって、うまく答えられません。

ご本人すらわかっていないのだから、僕が「答え」を提示してあげることはできません。「これが正解ですよ」と押し付けてしまっては、それはまた違う種類の商売であり、僕らの望むところではなくなってしまうと思うからです。

ただ、長い時間、多くの女性と接してきて、以下の2点は間違いがないと感じています。

・「とにかく時間をかけること」

・「女性のペースとリズムにあわせること」

詳しくは以下のブログをご覧ください

どうしたらイケるのか?女性の約3割は「オーガズム」経験無し

女性のリアルオーガズムはこんな感じ

もやもやを一緒に探っていく、あるいは解きほぐしていく、そのための伴走者として、僕たちは存在しているのかもしれません。

終わり

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG