女性のリアルオーガズムはこんな感じ

女性向け風俗ムツゴトをご利用された女性の方の告白

カオルです。
僕はこの女性向け風俗店のホームページで女性のオーガズムについて、知ったようなことをいろいろと書いています。でも本当は、実際に女性の方がどのような快感を得ているのか、女の人ではないので僕にはよくわからないんです。

カオル自身は、女性の快感は焚き火みたいだなと考えています。
セックスとは、女性の身体(=堅い薪)に小さなマッチの炎で火をつけることです。ガシガシ愛撫して、女性をイカせようとするのはバーナーで燃やすようなものです。表面は焦げるかもしれませんが、中まで火が通ることはありません。

詳細は以前書いたブログをご覧ください。
【焚火みたいな女性の快感】

僕は、この女性はこんな風にしたら気持ちいいのではないか?経験が少ない方は最初はこうしようなど、考えてセッションを行っています。焚火の例で言えば、こうすれば火をつけられるだろうということまではプロなので判っています。
でも、実際に燃えている薪(=女性の身体)の中がどうなっているのかとか、薪(=女性)がどのような気持ち(?)で燃えているのかは判りません。お会いした女性がそうなることが多いから、経験的に知っているだけなのです。

カオルが経験上知っていること

  • ゆっくり時間(2時間とか)をかけて愛撫してゆくと徐々に身体に火がついてくる
  • 一旦火がつくと、途中休憩(30分程度)しても、再開すればそこから燃え上がる
  • 男性みたいに射精したらスッキリするものではない。女性によってはイッタかどうか判らない人が多い。女性は瞬間でイクものではなく、その状態がずっとダラダラと続いていく感じ。
  • 女の人の身体に一度火がつくと終わりがない。3時間でも、10時間でもずっとその状態が継続する。キリが無いので僕は途中で帰ってしまうのですが、そうすると私の身体をどうしてくれるのかと文句(!)を言われることが多い。
  • 翌日もその火は残っていて、職場とかでも思わず濡れてしまったりする
  • 1カ月程度は身体の中に残り火がある。ずっとモヤモヤした状態が続いてしまう
  • 気持ちよくなるためには、男性のテクニックだけではなくて、オンナの人側が心を開いてくれることが併せて必要

女性の方それぞれに感じ方は全く違います。マスコミや雑誌でかかれていることはしょせん他人事です。貴女自身ががどうなるかが重要なのです。
オーガズム=快感は、男女が二人で手をつないで一緒に深い井戸に降りていくように深めてゆくものです。それは僕とその女性だけの秘密の世界です。僕は、せっかく女性に生まれたのにこんなに深い世界を知らないで終わってしまうことは、本当にもったいないと思います。ほとんどの女性はこんな世界があることに気付いていないのですから。。

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。最初にお会いしてから30分~1時間カウンセリングの時間を設けるようにしています。僕達の経験では、女性用風俗ムツゴトをご利用される女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない・・」ことも多いです。会話の中で、女性の方と一緒に「来店した動機」を探してゆく、あるいはお互いに確認して行くように心掛けています。

CTR IMG