会食恐怖症についてお客様からのメッセージ

カオルさん。
夜分遅くに失礼します、お久しぶりです(*^_^*)

会食恐怖症の記事を読んで、自分にも思い当たる節があると感じました。
会食恐怖症は、「社会不安障害」の一種なのではないでしょうか。社会不安障害とは、他人の視線や反応が過度に気になって、色々な場面で不安や苦痛を感じ、動悸や手の震えなどの身体症状が出るという精神障害です。私は、その治療のために、3年前までメンタルクリニックに通っていました。カウンセリングを受けたり、抗うつ薬を飲んだりしていましたが、そうした治療はあまり効果がありませんでした。それよりも、自分なりに不安を和らげる工夫をしたり、考え方を変えたりする方が、根本的な対策になると思います。

私の経験をもとに、「こうしたらいいのでは?」というポイントを書きますので、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

☆注文するメニューを前もって考えておく

「こういうお店では、これを食べる」というパターンをいくつか考えておくと、初めて行くお店でも、メニューを決めやすくなります。例えば、「季節限定メニューを選ぶ」とか、「食べやすいから、豆腐料理にする」とか…また、お店が事前に分かる場合は、グルメサイトやお店のHPを見て、どんなメニューがあるか調べることもできます。「このメニューが食べたい」というものを決めておけば、スムーズに注文できますし、食事が楽しみになるのでは?

☆奥まった席に座る

出入口やレジのそば、通路の隣など、よく人が通るところに近い席は落ち着かないものです。できれば、店内の奥の方や壁際、テーブルの端の方の席など、なるべく奥まった席に座ると、少し安心できるのでは?

☆電子マネーで会計する

お会計のとき、「落とさないようにうまくお金を出さなきゃ、もたもたしていて他の人を待たせたらどうしよう」とプレッシャーを感じますよね。お金のやりとりで手が震えてしまう経験は私にもあります。現金ではなく、なるべく電子マネーかクレジットカードで支払うようにすれば、お会計が楽になります。タッチするだけ、サインもしなくていいので、クレジットカードよりも電子マネーがおすすめです。

☆食事という目的に専念する

最後は気持ちの問題なので、なかなか難しいですが…不安のせいで、せっかくの食事を楽しめないのではもったいないですし、身体にも良くないと思います。「会食が嫌だな、他の人に変に思われたらどうしよう」というマイナス面より、「おいしいものを食べるのが楽しみだな」というプラス面を多く考えるようにすると、気持ちが楽になるのでは?そして、周りの状況や他の人の様子よりも、自分が食べているものに意識を向けて食事をすれば、おいしく感じられるようになるはずです。おいしく食べることが一番の目的だと割り切ってしまえば、他の人にどう思われるかは、あまり気にならなくなるのでは?大丈夫です、他の人はそれぞれ自分自身の食事(またはお酒)の方に気が行っていて、Tさんが考えているほどTさん(を含む他人)のことを見ていないし、気にしていないはずですよ(特に飲み会の場では 笑)

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG