女性向け風俗を利用した翌日になると、罪悪感でぐったりしてしまうという現象

カオルです。そうですよね。。。知らない人が聞けば、女性用風俗という性的サービスを受けたからだとか、旦那さんや彼に悪いからと言われるかも知れません。でも僕はそうではないと思っています。

結論から言うと、「性的に気持ちよくなったことそれ自体に罪悪感を感じてしまっている」のではないかと考えています。その背景には、女性が「エッチになることは悪いことだ」という前提があるのです。

具体的にどうなるのか?

セッションを受けた後はすごく充たされて、最初思っていた心配事が杞憂だったと判って安心します。帰りがけには、本当に良かったとメールを頂くけど、翌日になるとドーンと落ち込んでしまうことがあるのです。

  • 我にかえって、私は何をしているんだ
  • こんなことをしていて良いのか
  • あんなに気持ちよくなってしまった自分が恥ずかしい

彼がいてもいなくても同じ

お付き合いしているパートナーがいらっしゃらない女性の方もほぼ同じ現象がみられるのです。罪悪感については、利用前は「彼にすごく悪い。。。」とおっしゃっていた方も「意外と罪悪感がない自分に驚いた」という感想を漏らされる方が多いです。

毎月利用されているお客様もそうなる場合がある

僕はなんとなく「気持ちいいことに慣れていないからそうなるんだろう」と考えていたのですが、あるとき2年以上ご利用頂いているリピーターさんも同じであると言うことを聞いて驚いたことがあります。

  • 毎回利用した翌々日くらいに罪悪感を感じてしまう。
  • 次回の予約日程が近づいてくると、気持ちが高ぶって楽になる

彼女によると、気持ちがアップダウンして疲れてしまうとのことでした。1ヶ月間くらいは子宮の奥の辺りに、僕の指の感触が残っていて安心できるけど、それ以上経つと罪悪感を感じてしまうそうなのです。

いまのところ考えている仮説

人間は大脳支配動物だと言われていて、頭で考えている思考に従って生活を送っています。ところが、人も動物なので本当は身体のウェイトが大きいはずなのです。僕の感覚だと、頭(2):身体(8)くらいの割合ではないかと感じています。

気持ちよくなって「充たされる」ことは身体の反応です。その後で落ち込んでしまうのはが感じていることです。性的に気持ちよくなることは悪いことだという刷り込みがあるので、後で罪悪感を感じてしまうのではないかと思います。

処女の方に多いのですが、初めて急に気持ちよくなってしまうと、カラダはびっくりしてしまいます。頭はすぐに受け入れられなくて、身体が性的に目覚めてしまっている状態を「痛み」みたいに感じることがあります。

なぜそう思うのか?

僕の経験では「オーガズム受け入れられるようになった」女性の方から、これまで心の中にあった罪悪感、恥ずかしさなど、ネガティブな気持ちが薄れてきたと、何人かの女性に言われたことがあったからです。僕との関係がどうなのかとかいろいろ考えて悩んでしまうことも同じ理由からかも知れません。

気持ちよくなってしまっている私、あるいは自分の身体が感じていることを素直に受け入れることが大切なのかも知れません。

最後に昔読んだ、ドイツの哲学者フリードリッヒ ニーチェの一説をご紹介します。

肉体はひとつの大きな理性である。・・・・君が「精神」と名付けている小さな理性も、君の肉体の道具なのだ。君の大きい理性の小さな道具であり、玩具にすぎない。

「ツァラトゥストラ」
最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG