夫としか経験がなく、セックスレスで女性としてこのまま終わってしまうのが嫌だった。それと好奇心。

40代 Virginデビューコース利用

利用しようと思ったきっかけ
男性嫌いな面などを変えたいと思って。
男性スタッフの印象
本当に普通の方でホッとしました(爽やかで素敵でした♪)
サービスに対する感想
とてもよかったです。日程が近づくにつれて、こういうことをしていいのかな、やっぱりちょっと怖いかも etc の考えが浮かんでいましたが、***さんにお会いして、すごく癒されました。それほど沢山話した訳ではないですが、受け入れ包みこんでもらっている安心感がありました。有難うございました。また機会がありましたら、申込みさせていただきます。

40代

利用しようと思ったきっかけ
夫としか経験がなく、セックスレスで女性としてこのまま終わってしまうのが嫌だった。それと好奇心。
男性スタッフの印象
とても緊張していたのですが、自然に接してくれました
サービスに対する感想
セカンドバージンだったし、旦那 さんしか知らない私に優しくしてくれました。気づけば私もちょっと大胆な事、してしまったかも(笑)マッサージも気持ち良かったです。刺激と癒し、両方もらいました。非日常の刺激的な体験でした。コンプレックスもあって、心が枯れそうだったのですが、***さんの言葉は水をくれました。営業トークだとしても嬉しかったです。ありがとう。仕事も家の事も頑張ります。そして、ここでだけ、自分を解放させたいなと思いました。
また利用したいです。

40代

利用しようと思ったきっかけ
40歳になり、なんとなくムラムラとしたものがあり(それまでどちらかといえばあまりそういう気持ちがあまりなかった。)、男性用の風俗があるなら女性用のはあるのだろうか、と思い検索してみたらこちらのHPに辿り着きました。
男性スタッフの印象
優しそうな方だな、と思いました。
サービスに対する感想
手違いが発生して時間が遅くなってしまい、短い時間になってしまったので本当はもう少しお話をしてみたかったです。
その待ちの時間もあり、すごく緊張してしまっていましたが、***さんの優しいエスコートでとても気持ちのいい時間を過ごすことができました。
囁きがヤバかったです(笑)。
***さんの肌がとてもツルツルやわやわでびっくりしました(笑)。

40代IT・デザイン関連

利用しようと思ったきっかけ
男性経験が少なく、今の彼とも少なく、さらにしても気持ちよいと感じたことがなかったから
男性スタッフの印象
物腰がやわらか。
肌がすべすべ。
サービスに対する感想
いつも自分が彼にしてばっかりだったので「何もしなくていいよ」といってもらえたのは嬉しかった。あまり要望も、気持ちよいとも言えない私に、それでも、いろいろ丁寧にして下さってありがとうございました。
女性の体について、自分でも知らないことをいろいろ聞いてレクチャーいただき、ありがとうございました。自分も気持ち良くなれる片鱗が見えて良かったです。
いろいろふっきるのに良い機会になりました。

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。