中イキはなかなか難しいのかな、と思っていましたが、最初から最後までずっと気持ちよく、何度も中イキすることができました!こんなにずっと気持ちよかったのは始めての体験で、恥ずかしいくらい乱れてしまいました。

20代無職

利用しようと思ったきっかけ
恋愛経験や、性体験が無い為。
男性スタッフの印象
性風俗に携わっていない様な、ごく普通で穏やかな方。
サービスに対する感想
いま自分が思っている事、悩みをざっくばらんに話せて良かったです。お会いする前は、どの様な方なのかとても緊張しましたが、打ち解けて話せたかなと思います。セッションが終了した後も、気心の知れた異性と一時を過ごした様な、和やかな気持ちでした。また機会があれば是非、会ってお話ししたいです。
遠方からいらっしゃる中、お時間頂き有り難うございました。

40代主婦

利用しようと思ったきっかけ
「中イキ」というのを体験してみたくて。
男性スタッフの印象
細身の長身で、さわやかで、真面目そうな方で安心しました。
サービスに対する感想
中イキはなかなか難しいのかな、と思っていましたが、優しく接していただき、あっという間に気持ちよくなってしまい、緊張はいつの間にか消えてしまっていました。最初から最後までずっと気持ちよく、何度も中イキすることができました!こんなにずっと気持ちよかったのは始めての体験で、恥ずかしいくらい乱れてしまいました。
自分でも驚いています。今日は本当にありがとうございました。
昼間しか時間があいていないので、今後の利用はなかなか難しいようですが、機会があったらまたぜひ、よろしくお願いしますね。

40代公務員

利用しようと思ったきっかけ
HPの構成がとても素敵で好印象だったこと、カフェセッションでの男性スタッフの方が、話しやすく穏やかだったので安心したこと、その後ですぐに利用するという流れにはならなかったのですが、タイミングがきたので申し込みさせていただきました。
男性スタッフの印象
相手に安心感を与えるお優しい男性だと感じました。終始わたしのペースに合わせてくださり、感謝しています。とても素敵なイケメンなのですが、飾らずに親しみやすい雰囲気もお持ちで、とてもバランスの良い方でした。
サービスに対する感想
女性にとって性は喜びの源泉のひとつでもあるので、このようなサービスは素直に嬉しいです♪心のままに自由でいれて、自分を解放することができました。今まで知らなかった、気付かなかった自分がでてきたりして、心から楽しめました♪数日経った今日もまだまだ余韻が残っていて、フワフワした状態が続いています♪柔らかな心のあり方でいる自分に対して、良い感じ☆とご機嫌な気分でいます。申し込むことに迷われている女性には、勇気をだして一歩前に進んでみてね!とお伝えしたいです。素敵な新しい扉が開くと思います♪カオルさん、ありがとうございました。寒い日が続いておりますので、お身体ご自愛くださいませ。

20代フリーランス

利用しようと思ったきっかけ
普段はセルフケアをしていますが、たまには男性と直接触れ合いたいので。カオルさんにお会いすると、心の栄養をたくさんもらえて、気持ちが安定するので。
男性スタッフの印象
いつも落ち着いていて、大人なカオルさん。でも、今回初めて、少年のように無邪気な一面を見られた気がしました。それがとても嬉しかったです。
サービスに対する感想
カオルさんは、私がどんなことを言われたいか、どうされたいか、とてもよく分かって下さっているなぁと改めて感じました。特に、ソファでの出来事が印象深かったです。「今度お会いしたら、どんなことをして頂こうかな・・・」と、今から考えています。お金の心配もあるので、頻繁にお世話になるのは難しいですが、またの機会を心待ちにしています。どうか、お体に気をつけてお過ごしください。

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。