タイムプレッシャー法

ヒカルです。先日、茂木健一郎氏の本を読んでいたら興味深い言葉に出会いました。

「タイムプレッシャー法」

これは、常日頃から自分自身に時間制限を加えることにより、本番で能力を発揮できるようになるという理論です。

この時間内でこの仕事をすべて終わらせる、というように、時間制限を自分の中に設ける手法です。

彼は「自分で自分に課す『自分からの制約』は、逆に脳のモチベーションを上げる行為となる」とも言っています。

忙しくて時間が取れない人ほど、このタイムプレッシャー法はとても有効な手法だと思います。

タイムプレッシャー法に似ているものとして、

「公言プレッシャー法」

を茂木氏は挙げています。

「絶対にダイエットする!」と公言し、自分の体重データの推移をネットで公開しているのもその一例と言えるでしょう。


女性として生まれ、その喜びを、気持ちよさを知りたいのにうまく掴めなくて苦しんでる方のサポートを僕たちがしていこうと思います。

困難を克服しようと挑戦している方々を、僕たちは応援したいと思ってます。

自分に負荷をかけ、克服する・・・その負荷が大きいほど、結果が出た時の喜びも大きくなると思います。

『性感開発トレーニング」にご興味ある方は、是非お問い合わせ下さい!

今日も一日お疲れ様でした!

明日も皆さんにとって笑顔溢れる一日となりますように!

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG