穏やかな方で優しくリードして頂けました。男性と素肌で触れ合うのがこんなに気持ち良いなんて知りませんでした。文字通りリラクゼーションでとても癒やされました。

20代会社員

利用しようと思ったきっかけ
仕事で心身ともに疲れていて癒やされたかった。20代最後の歳になり、経験がないのは寂しいと思った。HPに利用した方のコメントが掲載されていたことと、スタッフさんが2名だけというのが誠実な印象だったので。

男性スタッフの印象
背の高い大人の男性

サービスに対する感想
感想が遅くなりすみません。数ヶ月間HPを見て悩んでいたので、最初お会いした際「本物のカオルさんが来た」と固まってしまいましたが、穏やかな方で優しくリードして頂けました。男性と素肌で触れ合うのがこんなに気持ち良いなんて知りませんでした。文字通りリラクゼーションでとても癒やされました。年齢の割に子どもっぽい私に優しく対応して頂き感謝しています。地方で遠いのですが、またよろしくお願いします。

20代学生

利用しようと思ったきっかけ
誰かに抱かれたくてしょうがなかった。1人でバーに行ったりして、知らないひととするのは怖いからここを利用しようと思った。安全で清潔そうなところを探すとここしかなかった。

男性スタッフの印象
男性には必ず男性特有の勢いというか野性的なかんじが潜んでいるのに、(男性恐怖症なあたしにとっては、それがすごい苦手。)カオルさんは、そのかんじがなくて、世の中にこういう中性的なひとっているんだなあと驚きました。マイナスイオンを発してるようで、安心感があり、清潔感があって、指が綺麗で、肌がすべすべで、背が高くて、優しい笑顔が素敵なひとでした。

サービスに対する感想
初対面なのにもかかわらず、親身になって私の話を聞いてくださりました。お話するのも時間を忘れるほど、楽しく居心地がよかったです。私の身体はいつも緊張していて力を抜くことが出来ない体質なのですが、カオルさんが優しく抱きしめてくれ、壊れ物に扱うかのようにとても優しく髪を撫でてくださったおかげで、すっと力を抜けることができ、リラックスした状態でした。安心感と温かさで涙が溢れ出すくらい満たされました。自分で触っても気持ち良くならないので、自分で出来ないのですが、カオルさんが触れると、すごい気持ちよくて驚きました。交わってる間、信じられないほど気持ちよくてよかったです。していることは、とてもえっちなのですが、カオルさんが纏っている空気が中性的なかんじなのと清潔感があって全然いやらしくなく不思議な感じで、それがまたよかったです。学生の私にとって正直費用がきつかったのですが、心も身体も両方満たされて、幸せすぎて夢だったのではないかと思うくらいの時間でした。
このサービスを受けて、自分のことのいろんなことに発見できました。
カオルさん、ありがとう。

20代会社員

利用しようと思ったきっかけ
仕事で疲れきっており、誰かに甘えたくて仕方なかったので…。
性欲も処理しきれなくて、男性に抱いてもらいたい気持ちが爆発しました。セカンドバージンのため、バージンセッションがあるこちらなら大丈夫だろうと、利用を決めました。
男性スタッフの印象
一目見て「優しそう」という印象を受けました。もっとギラギラした人が来るのかなと想像していたので、柔らかい雰囲気の方で安心しました。

サービスに対する感想
最初は手が震えるほど緊張しました。少し距離を置いて座ってしまいましたが、その距離を保ったままお話してくださって、ありがたかったです。
最中にどうしてもらいたい?と聞かれた際、どうしてもらいたいんだろう?なんて言えばいいんだろう?って、考え込んでしまう自分がいて…。ほとんどだんまりを決め込んだ私にも最後まで尽くしてくださって、申し訳なく思いながらもすごく幸せでした。何度も痛くないか心配して頂きましたが、驚く程ずっと気持ちよくて、満たされました。
自然と次の機会を望んでいる自分がいます。またよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!
>30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の3人に1人が処女・バージン

30歳女性の、3人に1人は処女といわれています(性経験のない女性の割合は、25~29歳で32.6%、30~34歳で31.8%〈2015年厚生労働省出生動向基本調査〉)。

恋愛もセックスも自由な今、3人に1人という数字は意外と多いと感じられる方が多いかもしれません。
「機会がない」「セックスしてもいいと思うような相手がいない」「その気になれない」など、その理由はさまざまですが、実は少なくない女性が「男性嫌悪や不信」「性的なトラウマ」「痛みや出血への恐怖」などの悩みや不安を抱えていることはあまり知られていません。

年齢を重ねれば重ねるほど、処女の十字架は重く女性にのしかかっていきます。
ある40代の女性は、処女であることについて、「40歳でバージンなんて正直気持ち悪いし、引くと思います。だからこれは、絶対誰にも言えません。私ひとりで抱えるしかない最重要機密です」とおっしゃっていました。
処女という十字架を背負っているのは、決してあなただけではないのです。

女性用風俗ムツゴトのお客様で30代のバージン女性、仮にA子さんとします、はこんなことをおっしゃっていました。
「私は処女、恋愛経験もゼロで、彼氏がいたこともありません。仕事に追われて、家に帰って寝るだけの生活。自信が持てなくて、家庭を持つ女性にいつも劣等感を感じていました。このまま異性と一切無縁の人生を送るかと思うと、絶望的な気分になります」

常に『女性としての自分に自信が持てない』『消えてなくなってしまいたい』という強迫観念にかられ、未経験であることについて、なんとも説明しがたい心のわだかまりがあったとA子さんは言います。
ベッドの中で抱き合った後、A子さんは「ずいぶん久しぶりに、人に甘えたような気がします」
と、ため息を漏らしました。

A子さんは、「『女』を出してはいけないと、ずっと自分に言い聞かせてきました。人に頼ったり、甘えたりしてはいけない、そんなことをしたら自分がガラガラと崩れてしまうと思い込んでいました」と言います。
「怖かったですか?」 と、聞くと、
「いえ、実際、怖いことは何も起こらなかったし、弱い面や、もろいところも含めて、私は私のままでいいと思うことができました。自己否定の固まりだった自分を、少し肯定できるようになったような気がします」
とおっしゃいました。
処女をいつ卒業するかは、個人的な事情であり、これまで機会がなかっただけで、何歳であっても、まったく遅くはありません。

30代、40代以上で処女の方は特に、人一倍まじめで、努力家の方が多いように感じます。自分の楽しみは後回しにて、人のため、会社のため、家族のために時間を使ってきたのではないでしょうか。
明日からはどうぞステキな時間を過ごされることを、自分で自分に許してあげてください。