ムツゴトブログ

女性向け風俗をご利用されるバージンの女性について

処女の女性が、男性にお金を払ってセックスの手ほどきをしてもらう

このような話を聞いたらあなたはどう思うでしょうか?
「処女がお金を払うなんてもったいない」あるいは「好きな男性が現れるまで待つべきだ」とか、、

コンドームメーカーのサガミによると、20代の女性の4人に1人がセックスを経験したことがないという調査結果があります。
相模ゴム工業株式会社:ニッポンのセックス
意外と多いなと思われるかもしれません。

女性用風俗mutsugotoでも、処女の女性からの依頼は想像以上に多いです。年齢は20歳の大学生から、40代前半の女性まで幅広い。ただ一般に思われるような、いかにも男性に困っていそうな女性は少なくて、ごく普通の方がほとんどを占めています。
実は初めの頃は僕自身も、処女の女性から依頼が来ても「初体験は大切なものだから彼とセックスした方がいい」とアドバイスして予約を断っていました。ただそれでも、どうしてもサービスを受けたいという女性もいたので、最初はそのような場合のみ特別に受けるようにしていたほどです。
だた、いろいろな女性とのセッションを続けるにつれて、
女性にとってセックスの初体験とはどういうものなのか?
男性は本当はどうしてあげるべきなのか?
更になぜ「処女であること」がこんなに女性にとって重石となるのか?
ということについて思い悩むようになってきました。
これから、僕が出会った処女の女性の生の声をお伝えしたいと思います。そして「バージン」とそれを取り巻く社会の関わりについて考察してゆきたいと考えています。

その他の事例は、お客様の声をご覧ください。

結論を先に言うと、僕は「処女」というものは大人の女性の単なる通過点にすぎないと考えています。ただ男性・あるいは世の中が「処女」を必要以上に大げさなものにしてしまっているから、多くの女性の方が入り口で躊躇してしまっているように思えてならなりません。
女性にとってセックスとは、気持ち良いものであるし、恋愛の確認行為だけに留まらず、心の安定を保つことが出来るものだと僕は考えています。女性のための性サービスをきっかけとして、少しでも多くの女性が、豊かなセックスの世界に踏み出されて、幸せな人生を送られることを願ってやみません。

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】