時間の『こく』

ヒカルです。

先日向田邦子さんのエッセイ集を読んでいたら次のような一節がありました。

どんな毎日にも、生きている限り「無駄」はないと思います。
「焦り」「後悔」も、人間の貴重な栄養です。
いつの日かそれが、「無駄」にならず「こやし」になる日が、「あか」にならず「こく」になる日が、必ずあると思います。

この一節を読み、自分自身を振り返ってみた時に、確かに無駄はなく、同感するものがありました。

皆さん一人ひとりにとりましても、
毎日を真剣に生き、たくさんの焦りや後悔を感じて心が疲れたとしても、それは無駄なことではないということをあらためて強く感じました。

そのような時には、ふと僕たちのことを思い出して下さい。

僕たちの存在は、皆さんの日常とはかけ離れた存在であり、非日常の存在であるかもしれません。
非日常の空間にて誰にも知られない内緒の空間で、焦ったことや後悔したことを思う存分吐き出して下さい!

僕たちは皆さんの心に寄り添い、
そっと微笑み、肌の温もりを感じつつぎゅっと抱き締めて背中を押してあげたいと思ってます。

いつか人生の苦しさや辛さが、時間の『こく』と思える日になるまで。。。

今週が笑顔溢れる素敵な一週間となりますように!

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】

最新情報をチェックしよう!
>女性向けの性的なサービスとは

女性向けの性的なサービスとは

なぜ、貴女はセックスで充たされないのか?実は、男性側にほとんどの原因があります。女性側の体質、経験不足、身体の相性、更には恋愛感情の有無は関係ありません。女の人は上手な男性にしてもらわないと、気持ちよくなることが出来ない存在なのです。

ムツゴト在籍のスタッフ3名は、優しく落ち着いた清潔感のある男性です。女性経験が極めて豊富で、性に関するプロフェッショナルです。女性が気持ちよくなってもらうことを優先したセックスを実践しています。

男性向けの風俗は「性欲を処理=射精させる」という目的がハッキリしています。ところが女性の場合は、性的欲求だけではなく、メンタル面のケアも併せて考慮する必要があるのです。具体的には、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、女性用風俗店のサービス提供側に求められます。

したがってムツゴトでは「お客様である女性は何をして欲しいのか」を把握することから始めてゆきます。女性のお客様は「なぜ申し込んだのか判っていない」ことが多いです。最初にカウンセリングの時間を設けるようにしています。一緒に「来店した動機」を探して行くよう心掛けています。

CTR IMG