ムツゴトブログ

『女』であるから、いつも男性に人生を曲げられてしまっている

日本の社会の中で女性は、親・彼・上司・夫などの男性から相反する期待(ダブルバインド)をかけられやすい傾向にあると思います。
自分の中の「悪い子」を受け入れ、自分らしい人生を歩み始めた女性がいます。
僕のお客様であるWさん(42歳)を例に、女性がかけられるダブルバインドについて考えて行きたいと思います。

goyoyaku

悲しくもないのに涙が止まらない

Wさんは、メーカー系の企業で働きながら、小学生のお子さんを育てるシングルマザーです。
30代前半にうつ病を発症し、精神科で投薬中心の治療を受けていました。
「悲しくもないのに、涙が出てしまう。自分でも、何が辛いのかわからないんです」
初めて出会ったとき、Wさんは肩を震わせながらこう言いました。ベッドの中で彼女は、僕にいろいろな話をしてくれました。職場での人間関係の悩み、元夫によるDV、親との不仲、子どもの教育問題など、Wさんの悩みは多岐にわたり、しかも複雑に絡み合っていました。

もてあましてしまう、自分の中の『女』

「前の職場を辞めたのは、上司からレイプされそうになったことが原因でした。元夫は暴力を振るう人でしたし、二十代の頃には、ストーカーにあったこともあります。たぶん、私は、性的にゆがんでいるんだと思います。そのゆがみが、ある種の男性を引き寄せてしまうのかもしれません」

確かに小柄で色の白いWさんは、同年代の女性と比べても、かなり若く見えます。少女がそのまま年を重ねたような、はかなげな雰囲気があり、僕から見ても、魅力的な女性でした。でも、積極的なタイプでは全くないので、彼女の方から男性に気を引くような行為をしているとは、僕には思えませんでした。
おとなしそうなイメージがあるので、「強く言えば文句を言わないだろう」よこしまな興味を抱いている、ある種の男性のターゲットになってしまうだろう事は、なんとなく想像できました。
だから彼女自身に何かの責任があるとは、僕には思えませんでした。

結局のところ私が悪いんです・・

Wさんは、「結局のところ自分の態度に問題があった」「私の方が悪いんです」ということをいつも口にしていました。・・・(全く関係ないのですが、お客様と接していて自分のことばかり責めてしまっている女性の方は多いことが気になります。例えば、電車で痴漢にあったら、その男性が欲情してしまうような服装をしていた自分が悪いのだと責めるようなものです。言うまでもなく100%痴漢に責任があり、裸で歩いているのではない限り、女性に責任はないのです。)

「全部私が悪いんです。私が優柔不断で、あいまいな態度を見せるから、男の人に勘違いをされてしまう。
よく考えると、『人間』として好かれることと、『女性』として好意を持たれるのは、別ですよね。でも、私は無意識に、『女』として気に入られようとがんばってしまう。男性に対して、引き金を引いているのは、いつも私のほうなんです。」

「人間」と「女性」は切り離せない。部下や同僚の女性を、「すてきな女性だな」「守ってあげたいな」と思うのは、男性にとって、何ら不自然なことではないでしょう。逆に、まったく女性として見ずにいるほうが、難しいのではないでしょうか。

「女として好かれるように努力しながら、好意を持たれると『女として見られるのは嫌だ。セクハラだ』って言うのは、わがままですよね。でも、私は男性との関係を築くために、結果として『女を使う』以外の方法がわかっていないのかもしれません」

生きてゆく中で『女』を世の中とどうすり合わせて行くのか

Wさんと同じような悩みを抱える女性は少なくないです。バージンのお客様などからよくこのような話を打ち明けられます。自己評価が低く、ちょっとしたことでもひどく落ち込んでしまう女性の場合、男性側が強く出てくると、それがいかに理不尽なことであっても受け入れてしまっているケースが多いようです。

働く女性にとって、『女』の使いどころは悩みのタネです。上手く使えば、「気遣いができる」「優しい」などとほめられますが、一歩間違うと「媚を売っている」「俺に気があるのではないか」と勘違いされてしまいます。
「女らしさ」を処世術として割り切り、バランスよく使っている女性も多いですが、うまく調節できなかったり、自分で納得できなかったりすると、悩んでしまうことになります。
「モテてうらやましい」「女子力が高い」というのは、Wさんのような女性にとって、何のなぐさめにもならないのです。

goyoyaku

お客様の声

【ブログの感想をお待ちしております。こちらをクリックして下さい】